2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

長いので以下略に行ってきました

 【10//2012】

ギリギリです。


というわけで、
『夏空のペルセウス製作途中記念 巨乳村の収穫祭 秋の全国秘境巡り/その村で一行が見た奇祭とは!?外伝 翠ちゃん祭 in トレーダー』
に行ってきました、にしてもタイトルなげぇっす。
内容はまぁ、いつもの感じです。
野球話が普段より多かったですけどねっ
いちお自分はゲーマーズで行われたイベントとソフマップで行われたほうにも参加していましたが、
昨日のが一番濃かったですねぇ、観客が。
さすがは翠ちゃん祭。
それと内装に凝っていてその日のために印刷した大判のもので囲まれていてすごかったです。
写真を撮ったりしたんですけれど、アップの許可を確認するのがめんどうなのでアップしません。

そうそう原画の高崎まこさん、かわいらしい方でした。
あと返しが上手かったです。
かなりやばめの質問もあったりしましたが、ちゃんと返しができて感心しました。
つか、ひどかったなほんと。

乳へのこだわりはゲマズのイベントで庄名さんが語っておられましたが、
翠ちゃんのチャームポイントはそれ以外にも足にあるようです。
画像のも凄いですね、むっちりですね。
太く描いてしまってもっと細くと庄名さんからリテイクがよく入るというお話がありました。
そういえば胸が誇大化しているのはグラフィックチーフさんの好みっぽいです。
遠慮してるんじゃないの?みたいな煽りが入って、やったろーやないかと段々大きくなったそうな。
最近のCGみると100越えしてそうですもんね(笑

で、冬コミの配置が柚子奈ひよさんとお隣同士との情報が。
サンクリでも結構混んでいましたが、コミケ島中でどうなるのでしょうかね?
夏ペル発売直後なので、渋滞しそうではあります。
しとろんの社とマコルルとで合同本も出せたらいいですねなんてお話も出ていたので、
冬コミが楽しみですね。



そういえば夏ペルのラジオ、昨日から配信なんですね。
ネタバレというか、他人の評価が事前に入るのが嫌で、
体験版が出てからminori系のアカウントのフォローをはずしたんで知りませんでした。
んな感じなので、体験版もやらない予定です。
いややってしまったほうがバレを気にせず済むのか。
いやネタバレとかも含めてだけれど、発売前に自分の中でハードル上げたくないんだよね。
やっぱりやらないでいきましょ

Category: イベント

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

B.G.M.Fesに行ってきました

 【24//2012】

22日から23日かけてB.G.M Fesに行ってきました。
ほんとうに、ほんとうに楽しかったです。
こんなにも楽しいものになると思ってませんでした。
ほんとよかった。

PRIMALに行けなかったのは残念でしたが、
EDGEとMIDNIGHTだけで十分過ぎました。

「ナグルファルの船上にて」、「終末の微笑」、「Bullshit!! Hard problem!!」
この3曲を聴くことができたのが特に良かったです。
ほんと夢のようでした。最高だった。
PRIMALをパブリックビューイングで少しみていたのですが、
自分が半日前にあの会場にいたなんて信じられないくらいで、ほんとに夢のようでした。
最高だった。


「ナグルファルの船上にて」は初めて聴いたときから大好きで、
卓司が好きになってからもっと大好きになって、ずっと聴きたいと思っていた曲でした。
EDGEに参加したのも「ナグルファルの船上にて」が聴きたいから でした。
大人しい曲だから聴けないかもしれないと思いつつも聴きたいって期待していてやぱり不安もあって、
もう聴けたときは嬉しすぎてやばかったです。
ナグルファルはまじで泣きそうでした。
タオル当ててたけど、たぶん耐えれた。

ナグルファルの次に演奏されたのが、「終末の微笑」でした。
あの曲はほんとライブ映えする曲ですよね。
ギターもかっこいいんだけれど、ドラムがよかった、気持ちいい。
ゲーム中とかCDのほうは抑え気味なので、会場で聴くと圧力がぱないです。
ボーカルが聴きたいって欲求がほかの曲だと高かったりしますが、
この曲は楽器をメインにボーカルをBGMに聴く感じでした。
ライブで聴くと没入感すんごいです。

EDGEはどのパートもよかったけれど、自分にとっては「ケロQ」が一番でした。
このパートだけでも行った分だけの価値がとれます。
それに加えて他ブランドのパートもあるんだからアガらないわけないです。
オバドラが一番盛り上がりましたかね、グリーングリーン熱過ぎたwww
鉄板ですね。
Liarパートは周囲キョトンの中ひとりで盛り上がっていて少し恥ずかしかったけど、
勝手にひとりで盛り上がってました。
AA愛! あの科白でアガりすぎてジャンプしちゃいました。
(あれはだってアガるだろ!!と言い訳しておきます。)
ニトロのWhiteNightもよかったなぁ。さすが変態王子だ(混ぜるな!!

MIDNIGHTのほうもEDGEのテンションをそのままに盛り上がりましたねぇ
座るパートを挟んで盛り上がるパートを入れていたおかげで休憩しつつな配慮があったんじゃないかと。
2階席にしましたが、やっぱり1階席のほうがよかったかもです。
2階は盛り上がりがちょっと微妙だったかも?
いや、でも楽しかったですけどね!!
Outerの「Bullshit!! Hard problem!!」を聴きたくて行ったので行ってほんとよかった。
実は会場にWhiteSoftの方がいらしていたので、やるんじゃんないかと思っていたのですが、
ラストに演奏されてすんごい盛り上がりました。
元・謎のボーカルマジかっこいいっす、キレが半端ないっす。
行ってよかった。
そのあとのminoriパートも酒井さんが好き勝手?やってくれたおかげで楽しかったです。
オリヒメさんのパートもよかったなぁ、普段の10倍増しでかわいかった。
banbooさんの選曲が最後までネタよりで盛り上がる曲ばっかでよかった。
ほかのライブじゃ聞けないような曲ばかりでMIDNIGHTってか朝だよ!なのに
最後までテンションあがりっぱなしで、いやほんともう楽しかったぁ

野外ライブのほうも色んな歌手さんの曲聴けてよかったなぁ。
「君のいる場所へ」「初恋カーニバル」「Twinkle Snow」「愛する心」
を生で聴けたのがよかった。
しほりさんの回も参加したかったなぁ。残念!!

いやもう、とにかく早かった、あっという間に終わった2日間でした。
楽しすぎて時間とかわからなくくらいで。
チケット代高いから悩んだりしたけれど、行ってよかった、うん。
ほんと充実した2日間でした!!

Category: イベント

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

すぴぱらテーマソング発売記念イベントに行ってきた【訂正】

 【08//2012】

【訂正箇所赤字
はい、タイトルどおりです。
いつものminoriイベントでした。
2日間寝ずに作業をしていいたらしく、
ランナーズハイっぽくnbkzさんのテンションが若干高かった気がします。
それと痩せた?
1時間くらいnbkzさんが話をして、コールの練習をして、曲披露、撮影会の流れでした。
コールについては、作品説明よりもある種の熱の入った指導があります(笑
Machicoさん、面白いと言っては失礼なのかもしれませんが、面白い方でした。
慣れていないことがあるのだろうけれど、緊張しまくりで天然的に面白かったです。
歌も盛り上がりました。
5月23日に出るほうのテーマソングにはカップリング曲がつくようです。


以下メモ

efとかeden*とかetc. minori作品はストーリー型だったけれど、
すぴぱらはエピソード型だとか。エピソード型の例をあげるとアニメのひだまりスケッチ(シャフト)

すぴぱら♯1、長さはeden*よりは長い。ef first taleよりは長い。latter taleより短い。
minoriのは濃密集中型(長さ≠ボリュームの考えから)なので他社と比べると短い。

全部回収できるかわからないけれど、伏線はいっぱい張った。アリスの秘密は♯1ではわからないらしい。分割商法のつもりはなく、最初から1本でやろうとすると予算が準備できないから出しては資金回収して次を作る。
(みたいな話をしてた、ラノベのような人気なら続編形式と。要は続きがみたければ買ってね、広めてねってことかと)
(伏線のことも話を広げられるようにキャラクターを多めにしたという意味を含んでいたと思う。
 ムービーにメインビジュアルに出てくる3人以外がちゃんと描かれていたりするし)



演出関係についてはテックジャイアン付属のやつを使って簡単に説明でした。
それにまつわる苦労話とか。
16:9は立ち絵演出に、4:3はイベント絵にはが向いているって話が出ていたかと思います。【訂正
16:9だとイベント絵には狭いだったかな?最近も別のメーカーさんが構図が大変というお話してましたね。
efは動かしすぎてので、反省したというのは、意外だったかも?
緩急が大事だともおっしゃてましたね。
ムービーについては細かい数字を覚えていないので、触れないでおきます。アニオタでないので(笑
画像の類はminoriさんがアップして下さるそうなので、とりあえず今回の更新では貼りません。
Machicoさんの写真も最後に撮らせていただきましたが、名古屋が終わるまでは貼らないかも。
貼るかもしれませんが(笑

ではでは。

Category: イベント

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

サイン会とかドリパとか

 【04//2011】

更新しているのにスポンサー表示出ているよっ と画面に向ってみたものの返答があるわけでもなく考えてもみれば更新している日記を9月付けにしていなかったのかと思い当たる所存、考えたりないのは僕らしいとも思うのです。

ところで昨日2011年10月2日、入間人間×左×ブリキ サイン会に参加してまいりました!!
(いや、これを書いている時点で昨日と明後日、今日と昨日の境界を跨いでいるというか、境界のあちら側になっているわけだけれど、まだ僕の中では昨日のことなのです。)
入間一間さんのサイン物はこれで3つ目、電撃文庫のイベントで購入したみーまーサイン本2巻と、これまた3年前?のイベントで行われたサイン会の色紙以来です。
入間人間さんは3年前とは異なり髪を伸ばされていましたよ!2年ほど前から伸ばされているのだとか。
(書いてはみてみたものの、誰得情報なのだろうか。覆面作家ハンター?の方がいらしたら役立ててください)
3年前と同じく今回も浴衣姿(でいいのかな?)でいらっしゃってました。(寒くはないのだろうか)
それと以前より社交的と言っては失礼に当たるのかもしれないと思うのですが、快活な印象にシフトしていたような?いやほんと、自分からの目線での印象でしかないのでほんとアレですが。
左さんには恋日先生のモデルを教えていただりしましたですよ!
で、ブリキさんには何も訊けなかったよ!いやだって、後ろに人がまだ居たしまたせるのも悪いじゃないですか、ねぇ?(いや、ほんとはブリキさんを知ったのがキルタイムコミュニケーションの作品で、そっち系の仕事が増えてくれると嬉しいなぁとかしゃべろうとも思ったのだけれど、電撃文庫の冠じゃ、そんなnいえないじゃん?決してエリオの名前が一時的に出なくなったとかそんなんじゃないよ?だって大宇宙的美少女の名前を忘れるはずないでしょ?)
あとでサイン色紙の画像を貼る予定です。今日はもう寝る。

そんな感じの嬉しいイベントのあとドリームパーティ東京に向ったのですが、
年齢証明ができずにゲートで引き返してきました(あはははっはははっははっは
去年まで使えていた学生証が使えないとはね、ほんと。
ウチの学生証、中古に売りに行くときも使えないし、ほんとダメや。
とりあえずWHITE SOFTに事後通販要望のメールを出しましたとさっ 

Category: イベント

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

『金の瞳と鉄の剣』発売記念、虚淵玄さん×高河ゆんさんサイン会レポ、あるいは、まどかマギカ所感

 【24//2011】

というわけで、月曜にある会議の資料作りを抜け出して行ってきました、サイン会!!
ちゃんと研究に必要な本探したり、買ったりしたから問題ないんよ、きっと!
経費で交通費おちませんかね?研究に必要な本を見に行くついでに行っただけなので、
たまたま、行った時間帯にやっていたサイン会のチケットをたまたま持っていただけなので。
まぁ、整理番号一桁前半ですけど。
自慢したいだけさ、hahahaテンション上がってきた!



----閑話休題---




さてさて、冗談はさておきまして、想像だにしなかった虚淵さんのサイン会
あと10分流れてくるのが遅かったら、開催されることすら知らなかったでしょう。(ちゃんとメール見ろ)
ありがとうtwitter、本当にありがとうtwitter!!
いや、ほんとまさかでしたよ。
大学にいるときは携帯の電源を切っていることも多いのですが、すぐさま携帯の電源を入れて電話しました。
馬鹿な話ですが、興奮と焦りで手が震えてましたよ。
予約できた瞬間に思わず よしっ と結構大きめの声が出てしまって睨まれたりしましたが、気にしません。
ほんとよかった。

んで、本題のサイン色紙

これが虚淵元500回に及んだサイン練習の成果だ
CA3G0036.jpg
宛名は「本名 もしくは pom」というなんとも長ったらしい名前で(笑
本名にしようかハンドルにしょうか悩んだのですが、結局決めきれず、
孔瑞麗か瑞麗なんて言葉があるくらいだから、どちらも自分ということでくっつけてしまえ
という分けのわからない理由でお願いしてしまいました、ははは(苦笑
お疲れでしょうに、ありがとうございました。
ちなみに宛名が虚淵さん筆、日付が高河さん筆です。
日付も一緒に書いてくださる点、抜かりないですね、星海社。
色紙もぺらぺらかと思いましたが、ボール紙?をサンドした厚めの堅い色紙でよかったです。
封筒と手提げ完備+お土産の星猫キーボルダーと至れり尽くせりでした。

いらしている他のファンの方は、高河さんのファンの方か、女性が多い印象でした。
これも偏見なのかな?
また、幅広い年齢層の方がいらしていたと思います。
これはやはり、高河さんや虚淵さんの職歴に因るものでしょうね。
高河さんも結構長くやってらっしゃる方ですし、虚淵さんもゲームから小説、アニメ原作までですから。


生でみた虚淵さんは普段?の言動からするとずっと普通の方に見えました(失礼
いや、なんというか、もっと刺々しくて毒久し感じなのかと。
作品とは別問題で、有名な方でも癖のある方っていらっしゃるじゃないですか。
某京極堂さんとか、何なのそのグローブと髪?みたいな
そうな印象(どんな印象だろう)からすると一般的な外見でした(だから失礼
今度は是非ともトークショウで本性本音で語っていらっしゃる姿を生で拝見したいものです。
高河さんは落ち着いた柔らかい雰囲気のする方で、
何というか今にして思えばあの虚淵さんと並んでいらっしゃる光景はレアなのではないかと。

なんだろう、俺の中の虚淵さんって地球を侵略しに来たもしくは、
裏で手を引いている地球外生命体みたいな印象なのだろうか、、、ううぬ。

まぁ、ともかく参加できてよかったです。
これで資料作成に専念できるってもんです!やったね。



ちなみに本は1ページどころか、1行も読めていないです。
GWにあるイベントの待ち時間にでも読もうと思います。





ついでに「魔法少女まどかマギカ」の感想でも。
10話が個人的にはピークだったかもなぁと印象でした。
あるいは3話の衝撃展開かも。
なんというか最終回に関しては当たり前に終わったなぁ、という印象だったんですよね。
物語の展開という意味ではなく、着地点という意味でもそうですが、
まどかとほむらの選んだ決意というのが、彼女たちらしかったなぁと。
だから、至極当然な終わり方だなぁと。
おそらくですが、10話から時間が空いたことも起因していると思うのです。
現世界における、まどかとほむらが出会ってきた まどかの違いというのがカウンターだったような気もするのですが、
時間が経ったことと、10話でほむらに気持ちも傾いていることもあり、
自分の中でのまどか像が、ほむらの中でのまどか像になってしまったんですよねぇ。
どの世界であろうとも、まどかは、まどからしい選択をしたということで
内容的には変わらないのですが、それがすんなり受け入れられ過ぎたのでしょうね。

なんだろう、1+1と0.5+1.5は同じ答えなんだってことを当たり前に思えてしまう今の自分と、
そんなことにも驚いていたであろう過去の自分との差みたいな感じでしょうか。
要はなじみ過ぎたということでしょうか。
だからか、彼女たち二人に対して良かったねだとか、頑張ったねだとかの思いはあっても、
それ以上には感情移入できてないのですよねぇ。
この話って実質二人の物語ですから、彼女たちへの想いがそのまま作品の好き嫌いに関わると思うのです。
だから、最終話での話で言えば、自分にとってこの作品は好きでも嫌いでもない作品となりました。
今の時点で、というだけなので、これから変化はするのだとうなと思います。

ただ、やっぱりこの作品の魔法少女に対して、全くと言っていいほど愛着を抱いていない自分も居たりして、自分で驚いたりもしたり、しなかったりです。
魔法少女それぞれの背景に対して現在の立ち位置が置かれていて、
それはそれで納得がいくのですが、
システマチックというか機能的な印象があって魅力をあまり感じないというか。
マミと杏子については(視聴者側への提示に)正直かなり唐突な変化があったように感じましたし、
なんというか、メインふたりのための配役というか、
12話でまとめるには内容詰め込んで、その分薄味になっているような気がして。
まぁ、端的に言って自分がこれまでにやってきた虚淵作品のキャラクタのような、
人間的な魅力はあんまり感じなかったです。
プロローグ部分が1話分あれば自分もほむほむしてそうかもですが。

まどかファンの方長々とごめんなさい。
ただ、こう骨が喉に引っ掛かっているようなところがあるので、
これから変化していく気もしているのです。
あぁ、続きというか補完ものやってくれませんかねぇ。
燃焼できてないです、自分の中のエントロピがさらに増大です、はぁ。

まぁ、キリは良くないですが、ここらで締めにします。
オフ会等でお会いする方は、またお話しましょう。
自分とは違う まどか観、楽しみです。


ではでは~~~~~
















まぁ、なんというか思ってしまったものは仕方がないということで一つ。
まどかが定義を書き換えただとか、概念になるだとかの話がありますが、
「希望を捨てないで」というのは、ある種の呪いではないかとも思ったり。
まどかとほむらにとっての友情を愛する強さは自分にはないなぁってことなのですけれど。
皆さん、どうでしょうか?

Category: イベント

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

プロファイル

pom

Author:pom
東京在住のエロゲーマー
 現在エロゲ歴8年
LSFC、LWFC、ABFCに入会中
最近はついったーのほうが利用頻度が高め。


漆黒のシャルノスオフィシャルサポーターサイトに参加中です!

pomの現状、あるいは惨状

pomの今やってるゲームpomの最近やったゲーム

FC2カウンター

メーカーさんへのリンク

・暁WORKS ・Innocent Grey Innocent Grey
・etude etude
・Nitro+ Nitroバナー
・WHITESOFT
・Liarsoft Liar-soft
・Littlewitch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。