2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『黄雷のガクトゥーン』体験版感想

 【25//2012】

まぁ、なんかあまり書くこともないのですが、
そもそもにしてあまり書くことがないブログではありますので、
まぁ、何せよ書くのです。

あぁ、テンションがおかしいです。


とりまぁ、表題通り『黄雷のガクトゥーン』の体験版をやった感想なのですが、
まぁ、いつものスチパンシリーズかなぁと。
で、“いつもの”と言いましても蒼・赫・黒・白・紫とやっていない方にはわからないと思うので、
自分の思う“いつもの”を少し書こうかと。


ちなみに自分は赫以降しかやっていないのですが、
共通して好きな部分がありまして、それは生活臭のするところです。
“臭い”インガノックやヴァールシアなんかが特にそうでしょうか。
よく世界観という言葉が出てきますが、スチパンシリーズの世界観の楽しみは
街を楽しむこと、生活を楽しむことだと思います。

舞台となる街が、普通のエロゲとは異なって、異国なんですよね。
だから日常生活といっても全然違うんです。
だから、キャラクター達がどんな生活をしているのかを垣間見るのがとても楽しいです。
感覚的には、映画や旅番組を観て海外に憧れるのに近いかもしれませんね。


で、世界観をつくるの立役者になっているのが音楽です。
小っ恥ずかしいことを書くと、やり終えた後にサントラを聴くと街の情景が浮かぶのですよね。
例えば
インガノックの『日常 過ゆく異形』、ヴァルーシアの『日常 砂の都市のしらべ』でしょうか。
シャルノスの『Ar Maidin』、ソナーニルの『沈黙の都 降りしきる雨』だとか。
今回も音楽がいいですね。
スチパンシリーズは毎回サントラ難民が出るらしいですし。
(とか言いつつ、セレナリアのサントラは探し回ってプレミアで買ったクチです、はい

で、背景。世界観が独特なのはビジュアルのイメージをみてもらえばわかると思うのですが、
スチパンシリーズって、背景絵がとても書割的でそこが特徴なんですよね。
この背景の街並をみるも面白いですよね。
それと、他作品に比べて独白が多いこともシリーズの特徴になっていて、
そのせいか自分は舞台劇のような印象を受けています。(あとは台詞回しなんかですかね?
主人公やヒロインだけでなく、各章に登場するゲストキャラクターにもスポットを当てて
各キャラの独白があります。
スポットを当てるっていうのが、ほんとにスポットライトを当てるようなイメージです。
独白シーンも会話やなんかに入れるのではなく、単独でいるときが多かったりなので、
余計にフォーカスの仕方がそう感じるのかも?
まぁ、舞台劇をまともに観たことなんてないのですがね(笑
ヴァルーシアは幕間の使い方なんかが舞台劇をかなり意識しているような気がしなくもないのですが、
知識と経験がないのでわかりません(苦笑


そうそう、スチパンシリーズの特徴といえばキャラクターの多さがありますよね。
まず公式サイトにすべてのキャラクターが載っていることがありません。
そこも楽しみの1つですかね、次章でどんなキャラクターが登場するのだろうかって。
今回も主要キャラクターだけでも結構な数になっていますからどうなることやら。
個人的にヴァルーシアは核になるキャラクターを多くして、
かついくつものストーリーを同時に動かしたせいで、
上手く回ってなかった印象があるので。(あれ前後半分割してボリューム増したほうがよかったんじゃと
今回は主軸がしっかりとしていそうなので、大丈夫かなとは思いますが。


あぁ、何かガクトゥーンの感想になっていませんね、あぁ。
というわけでこれから下はガクトゥーンのことを書きます。
体験版の範囲は3章と1章です。
間違ったわけではなく、3章と1章です。
つまり製品版の3章を読んだ後に1章を読める使用になっています。
これもライアー?スチパンシリーズ?の独特な出し方ですね。
物語の始まりから少し経ってメインキャラクター達の距離感っていうのですね?
ができたところを体験できるようになっています。
3章はちょうど、メインのニコラ・テスラとネオン・スカラ・ミリヤの関係が少し変化する章なのかな?
という印象でした。

その後、回想のような入り方での1章のふたりの出会いの話に続く感じですね。
1章のバトルシーンなんかは解像度が上がった効果なのか、
バトルシーンで演出がいつもよりも凝っているので注目ポイントですかね?
今日のイベントでも話題に出ていました。
スチパンシリーズの戦闘シーンはライダーキックとかみたいな様式美?なところがあるので、
どこまで演出が活きてくるのか気になるところです。

あ、そういえば学園ものなんですよね、今作。
全然気づきませんでしたというか、気にしていませんでした。
遊演体時代に蓬莱学園をやっていたこともあって、
学生たちが運営する大学園モノやりたいという話が以前から出ていたそうです。


キャラクターの話をするとヒロイン(主人公)のネオンが予想以上にかわいいですね。
一色ヒカルさんのキャラクターの最近のキャラクターの中でかなりイイです。
自分としてはLittle witchの『シュガーコートフリークス』のライカ以来の良キャラクターです、はい。
自分なんかが言うのはあれですが、演技が自然な気が。
あとそう、イベントでも話題に出ていましたが、「やめてください、やめろ」「してください、しろ」とかの
素の描写というか、一色さんの丁寧口調からの命令口調台詞?良いです。
ネオンかぁいい。
ANGEL BULLETでセーラを一色さんに演じていただいてから、一色さんには山原さんもとても好印象とのことでしたね。
(ANGEL BULLETをまだやっていないので、やりたいです、、、)
ビジュアル的なことでいうと、『屋上の百合霊さん』でも思ったのですが、
エプロン絵イイですね!(裸エプロンじゃないから某担当ではないですよ?
いやぁ、実にいいです。
百合霊さんをやるまで自分はこの良さに気付きませんでした(笑
あとキャラクター的にはイズミが好きですねぇ。
統治会のメンバーがほとんど体験版では出てこないので、そこは残念ですね。

そうそう、イベントで山原さん注目のキャラクターは?という質問がありまして、
主人公のニコラ・テスラということでした。
それと、何で雷?電気?を扱える設定にしたのかという質問だったかな?(結構あいまいです、すみません
がありまして、実在の人物、ニコラ・テスラに由来して、とのことでした。
磁束密度のテスラで身近?なお方ですよね。
(話が変わりますが、舞台となるマルセイユ、現実の世界でも路面電車走っていますよね)
(鐘と塔がイメージボード?やらムービーに印象的に出てきますが、)
(あれは実際にある高台の教会がモデルなんですかね?フランスも行ってみたいなぁ)
現実の世界と異なり、電気よりも蒸気の技術が発展してしまったスチームパンクの世界
その中でイレギュラーな存在として、蒸気機関の常識、スチパン世界の常識を破って
どう活躍していくのか注目とのことです。
僕自身忘れていましたが、スチパン世界で電気の技術ってロストテクノロジーになっていたんですね。
スチパンシリーズはインガノック、シャルノス、ソナーニルと少し暗め?なとこがあったりですが、
今作はセレナリアとかヴァールシア寄りになるのですかね?(ヴァルーシアも明るいかと言われるとあれかもですが
テスラおじいちゃんがバッタバッタと悪の組織をなぎ倒したり、
若者に喝を入れる痛快アクションになったり?...はしないですかね(笑

あとキャラクター関連で来ていた質問でベルタ君は女の子なのですよね?
という質問が来ていましたが秘密っ!!とのことでした。
そりゃあもう、いい声で秘密っ!!とのことでした(笑 


今日(25日)に秋葉原で行われたイノグレ&ライアートークライブ in秋葉原イベント
でのことも交えての感想になりましたが、大体こんな感じですかね。
グダグダやりすぎたせいで、ガクトゥーンのサポーターサイト企画に申し込みし遅れました。
18時までなんですね、あと2時間早く帰ってくれば応募できたのですがね、、、(てっきり0時締切だと思っていたのはいつものこと
まぁ、しゃあないっすね。

修正があったらしく間に合った?twitterで教えていただいた方に感謝

何か思い出したら追記すると思いますが、
とりあえず、ではではー


ちょっと寂しい?会場入り口

イベントの規模は大体50人いかないくらい?
予想通り?イノグレ、ライアーともプレイされている方が多かったですね。
プレゼントイベントでは、
Innocent Greyから歩サラさん、野月まひるさんのサイン入り虚ノ少女ポスター2種セットを1名の方に
Liar-softから桜井光さんのサイン入り黄雷のガクトゥーンチラシのプレゼントがありました。
歩サラさんのサインは初?サイン、野月さんのものも見掛けないですし、
桜井さんのサインも山原さん曰くこうした形で渡すことになるのは初?とのことで、レアなアイテムでした。
羨ましい、欲しかった!!

イベント終了後、片を寄せ合うほど仲の良い(笑 な、
Liar-soft広報の山原久稲さん、Innocent Grey広報の杏様のお二人

ちなみに今日の司会も昨日に引き続き今俊郎さんでした(そういえば名乗りましたっけ?
杏様にさんを付けるかっていつも迷いますね、迷いません?
スポンサーサイト

Category: PCゲーム感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

プロファイル

pom

Author:pom
東京在住のエロゲーマー
 現在エロゲ歴8年
LSFC、LWFC、ABFCに入会中
最近はついったーのほうが利用頻度が高め。


漆黒のシャルノスオフィシャルサポーターサイトに参加中です!

pomの現状、あるいは惨状

pomの今やってるゲームpomの最近やったゲーム

FC2カウンター

メーカーさんへのリンク

・暁WORKS ・Innocent Grey Innocent Grey
・etude etude
・Nitro+ Nitroバナー
・WHITESOFT
・Liarsoft Liar-soft
・Littlewitch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。