2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ナツユメナギサ』感想

 【04//2010】

なんとなくノリで書いてみます。
新作の「キサラギGS」より後になってしまいましたが,
キサラギGSをやったこともあってそんな気分。
まぁ、その日その日ですが(苦笑

いつもながらにネタばれありです。
感想よりも考察寄りかもしれませんが、大それたものではないです。
テキトーな感じに読んで下さい。
それにしても大学にあるキーボードは打ちやすいです。


キサラギGSが売れたのって、ナツユメナギサが話題になったせいだと思うのですが、どうなのでしょうね。新作は忘れてしまった幼い頃の夢を取り戻すというお話でしたが,
ナツユメサギサの場合は夢から目を覚ますお話です。
どちらもテーマと作品におけるトリックが直結していることが特徴かもしれません。

ラストが波紋を呼んだというか、一部では鬱ゲー扱いされていたりもしますが,
前述のとおり結構評判が良かったりもします。
作品自体がそうあることを否定している内容になっているので、
鬱ゲーと感じた人は作品と波長が合わないのかも?

ナツユメナギサは一本道というか歩メインの構造になっているのですが、
歩と、それ以外のヒロインでは根本にある問題が違うような気がしています。
歩の場合、彼の居ない世界を受け入れることができるか
歩以外のヒロインの場合、自分を受け入れる(許す)ことができるか
だと思います。

羊であれば、顔のこと
つかさであれば、素直になれないこと
真樹であれば、性のこと
はるかであれば、身体のこと
それぞれに問題を抱えていますが、
それをどう受け止めるのかというのが歩以外の登場人物の本旨ではないかと。

夢をみていると経験したことがあると思うのですが,
夢を夢だと感じる瞬間というか自覚を持っているところってあると思うのです。
この作品はどこかそうした自覚を感じるところがありました。
羊の夢が溶ける物語後半、つかさに蝶が触れた瞬間などがそうです。
自分としてはそこが好きです。

‘蝶’がひとつのガジェットととして登場しますが、
自分としてはプシュケではないかと思うのです。
ギリシャ語で魂を意味するのですが,本心を担っているのではないかと。
歩のつくった世界って成りたい自分になれる都合の良い夢だ感じるのです。
この世界に居てはならないのだという認識ヒロインが皆どこかに持っていたのではないかと。
各ストーリーのラストが話題に上がることがありますが,
自分は単にそれぞれが自分の問題を解決した姿だと思ってます。
自分を受け入れてもいいんだ、受け入れてくれる人もいるんだっていうことを夢の中で見つけた結果だと。
はるかの場合は幸せの見つけ方を知ったのかなとか思います。

無意識の歩が主人公にヒロインを委ねるシーンがありますが,
それは目覚めた先の世界まで手を引いてあげて欲しいということではないでしょうか。
歩もまた彼の居ない世界を否定していましたが、それではいけないという気持ちがあったのではないかと。
蝶が歩に戻っていくシーンですかね。
蝶は蛹から羽化するので、復活であったり、世界の変化であったりも象徴するのですが、
それを思うとナツユメナギサの舞台は繭であり、物語は蝶の見る夢ですね。

二匹の蝶が戯れるシーンが度々登場しますが、
あれってやっぱりと歩と渚なのですかね。
二人が願った世界の形なのかなと、なんとくしんみりしました。

自分としてはこの作品を鬱ゲーと言ってしまうのは悲しいことだと思います。
夢から目覚めて踏み出すための物語ですから。
終わり方には賛否両論ありますが、自分としては好きです。
それと、偽りの夏から目覚めた歩ですから、彼女が願うのは本当の夏だと思います。

この作品を評価する点としては,
萌え絵系のゲームでこういう物語をやったことかなと思います。
キサラギGSもですが、最近のサガプラは意欲的ですね
まぁ、作品の感想になっていない気もすが、ここらで、ではでは。
スポンサーサイト

Category: PCゲーム感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

プロファイル

pom

Author:pom
東京在住のエロゲーマー
 現在エロゲ歴8年
LSFC、LWFC、ABFCに入会中
最近はついったーのほうが利用頻度が高め。


漆黒のシャルノスオフィシャルサポーターサイトに参加中です!

pomの現状、あるいは惨状

pomの今やってるゲームpomの最近やったゲーム

FC2カウンター

メーカーさんへのリンク

・暁WORKS ・Innocent Grey Innocent Grey
・etude etude
・Nitro+ Nitroバナー
・WHITESOFT
・Liarsoft Liar-soft
・Littlewitch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。