2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

運や奇跡で済ますのもつまらない

 【02//2009】

お知らせです。
3月1日Keyらじトークライブに当選しました。

今更ですか、今更ですね、今更ですよ?
でもさ、俺も今日知ったのだもの、仕方がないじゃないか。
はいコレ>うん?ビジュアルアーツっ!?、まさか>マジですかー
番号は20番台前半でした。
Keyらじトークライブチケット
どれ位の人数の方が参加されたのかは知りませんが、結構早い番号だったのではないですかね。
入場時に回収されているとしたら結構レアなんじゃないですか?どうなんでしょ?

パンフレットに付属しているCDを聴きながら10年前とか、自分が初めてKanonを知った頃のときのこととかを思い出していたのですが、少し感慨に耽っていたりしたのですよ。
自分の初めてのエロゲは「もしらば」ですが、プレイ当時の自分と今の自分では作品に対する気持ちだって全く違うものです。
エロゲを始めた頃って全くの未知の世界で、買うだけでお祭みたいな気分でしたが、そんな気持ちなんてありませんし、すっごく期待して買うということ自体一年に2,3本になりました。
でも、自分がエロゲをやり始めてからこんなふうになるまで3年に満たないのですよ。
今回のイベントは発足10周年。
今はR.U.R.U.Rとかキラ☆キラとかインガノック、カタハネがすっごく好きっていう気持ちがあるけれど、10年後にはどうなっているのかなぁなんて思ったらすっごく寂しい気持ちになったとですよ。

即物的かもしれませんが、このカードを持っている人は持っていない人に比べれば少ないわけで、当選していることを知らなかったなんてことも珍しいことだから10年後も憶えているのではないかなぁと思います。
振り返れば良い思い出ってやつですよ(笑

まぁ、運が悪いなぁとかで片付けることもできるのですが、家族に自分宛の荷物が来てなかったのかをちゃんと確認しなかった自分が悪かったりもしますから、なるべく気にしないようにします。
それにですけれど、
イベントに当選しているにも関らずそのことを知らないで会場に行って物販のために6時間近く待った人間ってたぶん自分以外にいないですよね?
提出課題そっちのけで参加して徹夜で作業をしていたりもしましたし(苦笑
確率でいえばかなり運良い奴じゃないですか、自分。
運なんてそんなものっすよ。
捉え方だったり、見る立場で全然違うわけですから。
でも今回みたいなのは自分で改善できたはずだという部分がありますからね、運とか片付けるのはよくないと思うのですよ。


「るいは智を呼ぶ」の記事を書くにあたり、「コンチェルトノート」に触れようと思っていたのですが、コンチェルトが良くて、るい智が悪いというか描写不足に感じたのはそういうところ。
コンチェルトが運の話だったらダメなのですよ、縁の話だから、自分たちで動いたから良いのです。
るい智は孤独なんて許されないとか言っていて、確かにそういう描写もあるのだけれど、それを知ってどうしたのかっていうのが描かれてない。
だから「呪われた世界をやっつけてやる」も安っぽく感じてしまう、描ける下地もエンディングもあったのに大事な中心がないのだから。
そんなことを自分は感じ、それを書きたかったのです。

これは確めたくて、でも面倒くさくてやっていないこと。
「ef the latter tale」で過去と未来というのが描かれているけれど、一番重要なのはそこではないのではないかってこと。
正直言って優子シナリオが狙いすぎていて好きじゃないしほとんど評価していなかったりします。
その関係やら、建築家としてどうなのよ?というところで、夕もどうでもよくなっているのですが、
彼が奇跡を否定している点はとても評価できるのかなとも思うのです。
彼が再び優子に出会えたのはいくつかの偶然が重なったからのようにも思えますが、彼が世界や人を捨てなかったから成し得たことだからです。
「はるのあしおと」では、シナリオ分岐の選択肢が特徴的で、主人公の積極的な意思よりも偶然性が重要視されるようなものなのですよ。
だからというか、何となくですが、「はるのあしおと」と「ef」を通しでみてみると何か見えてくるものがあるのではないかと思って結局積んでる自分です。

何書きたかったんだかよくわからなくなってきたなぁ。
まぁ、あれですね、Key作品というと奇跡みたいな流れがあるらしいですけど、というかKeyに限らずですけれど、何でも奇跡とかご都合主義で片付けるのはつまらないかなぁと思ったりするのです。
創り物語ですから当然筋書きを書いた人間がいますし、物語も書いてくれているはずですから、必然性を持った偶然だったり奇跡なのではないかと。
0から起きる奇跡なんてもんは大抵ないものなんじゃないの?ってことなんですけど。
だとしたら0じゃない部分に目を向けて褒めるなり批判するなりしたほうがおもしろいのではないかなーと思ったりです、はい。






あー、なんか自分で収拾がつかなくなったんで、このへんで撤退します。
やっぱスマートに書けねぇなぁ。
何が書きたかったんだかまとめてから書くべきだよね、やっぱりさ
ま、めんどうさくてやらないのだけれど、うん。
あと、AIRとCLANNADの劇場版は観てますけど本編やってません。
AIRはたぶん、この作品くだらないと自分が言えると思うまでやりません、たぶん。
なんか作品に惹きこまれそうな気がするので。
プレイ済みなのは、Kanon全年齢、智代アフターPC&PS、planetarian、リトバス無印です、はい。
そんな感じです、はい。
やっぱ話のもっていき方が無茶でしたね、反省。
ではでは~



イベントに申し込んで参加しなかった場合のペナルティの有無とか訊いておいたほうがいいよな?
スポンサーサイト

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

プロファイル

pom

Author:pom
東京在住のエロゲーマー
 現在エロゲ歴8年
LSFC、LWFC、ABFCに入会中
最近はついったーのほうが利用頻度が高め。


漆黒のシャルノスオフィシャルサポーターサイトに参加中です!

pomの現状、あるいは惨状

pomの今やってるゲームpomの最近やったゲーム

FC2カウンター

メーカーさんへのリンク

・暁WORKS ・Innocent Grey Innocent Grey
・etude etude
・Nitro+ Nitroバナー
・WHITESOFT
・Liarsoft Liar-soft
・Littlewitch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。