2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

感想・考察・批評・レビュー

 【11//2009】

テキトーなことを書いてみる。
エロゲーサイトによくある感想・考察・批評・レビューの違いって何なのさってお話。
ただし、pomの脳内判断。

まず、レビューだけ英語なので、日本語に。
広辞苑で調べると、
1.批評。評論。書評。
2.評論雑誌
と出るのだけれども、ネットなどを見ていると紹介としての扱いの面が強いと感じたので、
便宜的に「レビュー=紹介」とします。(※訳として正しくありません、あくまで便宜上)


このブログだと感想以外のものはほとんど出したことがありません。
それは考察を書く知識、能力が自分にないからです。
んじゃあ、違いは何なのよ?ってことになります。
感想・考察・批評・紹介のどこからどこまでが何なのかということを分けることは難しいと考えますが、
それらは全く別物です(pom内では)。
違いは、何を一番重要視するか。

「感想」→感想を書く筆者が感じたことを出力すること
「考察」→作品を理解すること、作品がどのように成り立っているかを暴くこと
「批評」→作品の出来を評価、出力すること
「紹介」→作品を(知らない人に)伝えること

pomの脳内だとこんなふうになっています。
「紹介」は大抵の場合感想や批評といったものを伴います、ゆえに元々の意味のレビューでかまわないような気がしますが、
批評を書こうと思って書かれているものではないor批評として不十分(評価の判断基準、どこが、なぜ、どのようにetc.載せるべきかと、何より悪い点、良い点一方でもダメですし)
なものが多い印象なので紹介(大抵感想や批評を伴う)としました。
そのため括弧内↑の「批評」は正確には「批評」ではありません。(成り損ね)

「考察」や「批評」が中途半端なものになると「感想」や「紹介」になるといった感じです、はい。
客観的に論ずるのが前者2つ、主観的なのが後者2つです。(後者2つは客観的であってもかまいませんが、そうなるとおそらく前者のほうが近くなると思います)
実験をやるとレポート課題が出されるのですが、そのときの「考察」の部分で“思います”とか“考える”という言葉を使うのは好ましくないのですよねぇ。
「考察」の場合は言いきりらしいです。(“らしい”というのは直接言われてないから、ゆえにテキトー)
ようするに断定なわけです。

「批評」の場合、評価の基準・指標を変えてやれば自ずと評価が変わります。
(1mなんてものは人間が定めた基準であって、そんなものが自然に存在しているわけではありません。同じように、良いがあれば悪いという尺ができます)
でも「考察」って対象が作品のみですから、書き直したり追加をしない限りは変わらないのです。
ゆえに答えは1つです。
しかしながら、どの考察が正しいのかわからないために複数が乱立することはあります。
よく、~論と~論があって学会で対立しているとかいう話がありますよねぇ。
エロゲーをやって正しい考察を書こうとしたら、手っ取り早いのはシナリオライターさんに訊くことです。
結局のところ、ユーザーは基本的に作品内で描かれていることしか知らないので、裏設定や書かれていない設定があったら正しい考察なんて書けやしないのです。

また、引用したと考えられるモノがあったときに、それから対象の作品について考察したりする場合もあるでしょうが、その場合にはなぜ引用したと考えられるのか、引用物から対象について考えることが妥当であるかなどの理由を本来は書くべきです。
“本来は”と書いたとおりそんなことやっている人なんかほとんどいやしません。
てかやってられんです。
先ほど書いたように、ユーザー側は知っている情報からしか書けないので、作品について全てを論じようと思ったら大抵は感想になるのです。
こう思うだけではダメなのです、なぜそのように考えることができるのかをしっかりと書かねばなりません。
もちろん、わかっている情報のみを用いて書けば考察です。
ですが、不十分もしくは物足りない考察になるかと。

そんなことをいったら考察なんて書けやしないじゃないかと 思うでしょう。
そうなのです。
だから多数決なのです、弱肉強食です。
考察と感想の違いには、書いてこなかったものに「確からしさ」というものがあると思います。
十分に確からしいのが考察で、十分に確かではないのが感想です。
ユーザーのほとんどが十分に確からしいとしてしまえば、真実ではなくても確かなものになるのです。
その時はライターの実力不足か狙いどおり、もしくはユーザーがよっぽど阿呆ということでしょう。

ま、でも、学会みたいに大勢が集まって議論することなんてないわけで、考察か感想なのかという判断は書き手、読み手が決めるわけです。
要は、書き手に自信があるかないかだと思います。
そして知識も必要です。
引用物を知っていなければ、引用していることがわからないですから。
(読み手にも当然考察や感想、批評、紹介の正否、良悪を判断できるだけの能力が必要です)
んで、自分は自信も知識もないし、好きなこと勝手に書いているほうが楽なので、感想しか書けないのでした、でした。
堅苦しく考えずに、そういうのもあるよね~くらいが楽で良いのです。

以上、脳内設定のお話でした~
長ぇよ、てか勉強しようよ、俺。
スポンサーサイト

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

プロファイル

pom

Author:pom
東京在住のエロゲーマー
 現在エロゲ歴8年
LSFC、LWFC、ABFCに入会中
最近はついったーのほうが利用頻度が高め。


漆黒のシャルノスオフィシャルサポーターサイトに参加中です!

pomの現状、あるいは惨状

pomの今やってるゲームpomの最近やったゲーム

FC2カウンター

メーカーさんへのリンク

・暁WORKS ・Innocent Grey Innocent Grey
・etude etude
・Nitro+ Nitroバナー
・WHITESOFT
・Liarsoft Liar-soft
・Littlewitch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。