2006 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2007 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん6 嘘の価値は真実』感想っぽいの?

 【10//2008】

わたしを月へ連れてって






「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」入間人間さん、左さんサイン会の整理券をゲットしてきました(先週の土曜のことですけど
やとこさ昨日読み終わったのいつもながらに簡単な感想を と思ったのですが特にない。
あらら?
でもおもしろかったですよ。
6巻は読者が知る範囲でのこの作品の振り返り と言ってもエピローグと???(いやこっちもメインですけどね)

誘拐された二人とか
殺人未遂と過失致死の姉妹とか
優しい優しい某先生とか
迷門剣道部の脇キャラとか
柑橘系はほのかに
リカちゃんは合い変わらず偏屈で
ジェロさんは出番があまりない感じです。

これがエピローグ部分。

みーくんとまーちゃんは
のーみつな経験は二人の絆をより強くするのですよ、にゅふふな感じです。
たぶんこれで間違ってない?


まぁ、とりあえず言えることは恋日先生がかぁいいです。
雑誌掲載のものを読んでそれまでより好きになったけれど、今回はより好きになりました。
優しいねぇ、ほんとこの先生は。
出番少ないと言いましたが、久々にまともな登場をされましたよ>ジェロニモさん
帰ってきたジェロニモさん、なによりうれしい。
相変わらず尻に敷いているんだか手綱を引いているんだかよくわからない兄妹もよい感じです。
これ書いていてMが実はSだとかいう話を思い出す自分はダメだね、うん。
殺人犯の子はどうでもよくないですけどどうでもよいです。



で、6巻は一言でまとめると生きているていう巻です。
墓場のような過去の遺物もどきから復活したリカちゃんもこう言っていることですし。

桃花。雨は窓から見上げるものではなく、
空の下で感じるものなのよ。
(p.193.)
↑反転

この文章の意味よりも、この文章が外のシーンで書かれていることが重要かと思います。
偽みーさんと女みーさんの決定的な違いだったところですし。
正確に言うとこの巻は僕達は生きているという巻だと思います。
ある意味えせくんがみーくんとしてだけれども生きていることの証みたいなのがこの巻かなぁと。
だから今回の巻はみーくんとまーちゃんに関る事件よりも脇役の物語のほうが重要かなと思います。
(いえ、当然終盤の部分は大切ですよ)

あと演劇部の名脇役な主役君はやっぱり主役だと思います。

だってこれ、現実なんだぜ。(p.132.)
↑反転

最高に皮肉なことばですね。
この台詞でこの冴えない演劇部員君が好きになりましたし、この作品が好きだなぁって改めて思いました。


ここらで一昨日に「遥かに、仰ぎ、麗しの」を再インストールした理由を。
殿子シナリオエピローグの「私を月へ連れてって」を見るためでした。
なぜかっていうと自分としては「Fly Me to the Moon」が「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のイメージに合うかなと思っているからです。
とある一文を見て健速さんの訳を思い出して再インストールした次第です。

友人とみーまーのアニメやるかねーなんて話をしていたのですが、やるとしたらみーくん音声なし、絵なしが良いと言ったら賛同してもらえませんでしたよ。
自分としてはみーくんが声出していいのは3巻の1シーンとうなり声、最終回?くらいじゃないかと思うのですが。
みーまーはビジュアルが極端に少なくて音のない小説という媒体だから良かったと思ってます、自分は。
好き勝手に話を進めると「Fly Me to the Moon」はイメージに合うって書きましたが、声優さんには歌ってほしくないですね。
それとDarlingもしくはBabyのところは抜きで。
歌唱力とかじゃなくて人物を絞ってほしくないので。
まぁ終わった後の展開ならいいんですけど。
アニメ化はないと思うので妄想話はこのへんにします。


「遥かに、仰ぎ、麗しの」に出てくる訳の一部と「Fly Me to the Moon」の歌詞より

In other words, please be true
言い方を変えましょうか、どうかそれが真実でありますように
In other words,
それともこう言いましょうか―――
I love you
―――貴方を愛しています

この文章を連想した1文はp.224より

それを嘘にしたがっていること。
↑反転
でした。

In other words, hold my hand

In other words (darling) kiss me.

実はアポロ11号は月に行ってませんでした、なんてことになったら自分的にはおつじゃないですかなぁと思います。

Fill my heart with song

Let me sing for ever more

You are all I long for

All I worship and adore


まだまだ続くよ?↓ 感想になってない(苦笑
休みのせいかいつも以上に感傷的ですねぇ、まずい、まずい。

これからどうなるんでしょうねぇ。
先生は大丈夫そう。
やっぱりえせくんが心配。
主役二人と先生とジェロさんと先生に期待。
ちょっと透にも。
柑橘はどっちでもいいです。
トーエさんはいつから登場するでしょう、出ないのでしょうかねぇ。
死んでなければ出ると思うのですが。
究極的にはパラレルワールドでギャグ満載のみーまー学園編とかいくらでも手はある。

少しはまじめに本巻に触れると扉絵の横に文章が載っているという組み合わせが良かったと思います。
4巻からそのような使い方をしているんですけど、5巻、6巻と使い方が上手くなってる気が。
他のラノベでもあるのでしょうか?
知っている方がいらしたら教えてください。

1巻が出た頃はバッドエンド希望でしたが、ハッピーエンドになって欲しいですねぇ。
月曜日に書いた記事の関係で「For フルーツバスケット」を聴きながら書いているんですが、よけいそういう気分になります。

月へ連れてってあげようか(嘘だけど
なんてね、ではでは~
スポンサーサイト

Category: ↑以外の感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

プロファイル

pom

Author:pom
東京在住のエロゲーマー
 現在エロゲ歴8年
LSFC、LWFC、ABFCに入会中
最近はついったーのほうが利用頻度が高め。


漆黒のシャルノスオフィシャルサポーターサイトに参加中です!

pomの現状、あるいは惨状

pomの今やってるゲームpomの最近やったゲーム

FC2カウンター

メーカーさんへのリンク

・暁WORKS ・Innocent Grey Innocent Grey
・etude etude
・Nitro+ Nitroバナー
・WHITESOFT
・Liarsoft Liar-soft
・Littlewitch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。