2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『殻ノ少女』感想

 【13//2008】

Innocent Grey作品第4弾となる今作ですが、ミステリィゲームとしては今作が今までで一番と言えると思います。
「沙耶の唄」が好きな人はやってみてもよいかもしれません。
しかし、自分はあの作品を純恋愛作品だとは捉えきれてはいないので、そういった意味で ではありません。
グロいからというわけでもありません、雰囲気も違います。
自分でもなぜ勧められるかもと思ったのか不思議ですが、キーワードとしては「執らわれたココロ」と「救済」でしょうか。
執らわれたココロ、侵されたココロ
しいて言えばそんなところが似ているかもしれません。
自分でもよくわからない感覚ですので、あんまり当てにしないでください。

否定的な愚痴のようなものが結構な割合を占めていますが、それは私がこの作品をとても気に入っているからです。
その点の誤解がなければよいなと思います。
それでは、『殻ノ少女』感想です、ネタばれですので、未プレイの方はご覧にならないほうがよいかと思います。





















今までの作品の主人公とされる人物は物語の進行役の立ち回りであり、そこが批判されていたと思う。
しかしながら、今までの作品では彼ら以外の物語の主人公がいたように思う。
処女作『カルタグラ』および『サクラメント』では上月由良と上月和菜がいた。
二作目、『PP』では御巫久遠と白河綾音がいた。


では、今作『殻ノ少女』ではいったい誰がいただろうか。
私としては、主人公が不在の物語であったような気がする。

たこ焼き親父やハチやクマのようなネタキャラは居なくなり、げんなりすることも減ったし、ゲームとしても面白くなったおかげで久々に集中してプレイすることができた作品だったと思う。
しかし個人的には足りなかった。

何が?

グロテスクさが。

私が言いたいことは、スプラッタにしろと言うことではない。
足りないと感じるのは、内面的な苦悩のようなもの、生々しさのようなものだ。
この作品は Innocent Greyの中で最も猟奇的な描写が多いように思う。
しかし、それは外面的なものだけではなかっただろうか。
視覚的描写だけではなかっただろうか。
パラノイア――偏執。
それが元となって起きた事件、その凄惨な結果しか描かれていなかったように思う。

動機というものは第二者、第三者が納得するためのものだというのであれば、それでもよいと思うのだが、その場合にはそういった態度を明確に示して欲しいと思う。
そうでないのなら、描写が足りなかったように思う。
偏執があったからこうなりましたでは、物足りない。
そうまで偏執するほどのものが間宮心爾があったのかが腑に落ちないのは、間宮心像の偏執がすでに失われてしまっているからではないだろうか。
彼が歪められるまでの過程(原因も含め)の描写がほぼないのは惜しかったように思う。
(←どちらかというときれいにまとまり過ぎていう感じでしょうか)

これは水原透子にしてもそうだ。
彼女が冬子になることを決意するまでの過程、しだいに冬子になっていく際の心理描写が少ないように思う、BADエンドはもっと長く描いて欲しかった。
探偵が知ることができるのは、探偵からみえるものだけというのならこの程度でもかまわないかもしれない。
しかし、プレイヤーは探偵以上のものを観てきているため、描写が少ないというのも不自然ではないだろうか。彼女の行動は予測の範囲内であったことや、描写の少なさから、自分としては彼女を嫌いになることすらできなかった。

そして、冬子。
一番気になるのが彼女、である。
事件の根幹に関りながらも彼女自身は普通の少女であったと思う。
この凄惨な事件と狂気の中にあって異常と言えなくもない。
この対比がより丁寧に描かれていたのであれば、黒という狂気のなかの純真さ、白さがあらわれてよりよくなったのではないかと思う。
おそらく彼女の魅力というのもそういうもので、透子が魅かれたのもそういった魅力ではないだろうか。
学院という無機質な世界にあって、己を失わずに在る少女、それが冬子の当初の魅力だと思う。
「本当の自分を探して欲しい」という彼女のミステリアスな言動と普通の少女と思える彼女の行動
そのアンバランスさの元となっているものに対する彼女の苦悩の描写が少なかったように思う。
『殻ノ少女』の美しさは彼女が背負うことが順道であると思うが、そのための描写が特に足りなかった。

玲人についても描写が少なかったように思う。
公式サイトにある「六識事件」、#13にはこう書かれている。
それはまるで偏執のように、彼の精神をずっと蝕み続けているのだった。
しかし、本編では6年という時を経ており、玲人は傍目には一様の立ち直りをみせているように思う。
彼の思いというのは、愛しい人を亡くしたものにとっては当然のものであり、また、元刑事、現探偵である彼にとっては至極当然ものだと思う。
彼の思いや行いに偏執と呼べるものがあったのか疑問に感じるのだ。
ゆえに、玲人に関しても描写が少なかったように感じる。


この作品は偏執の表出した部分の陰惨さは描けていたと思う。
しかし、私がみたかったのは殻の中のおぞましさであり、偏執の質のようなものだった。
そして、そのなかにある美しさのようなものをみたかったと思う。



カルタグラにおける上月由良の恋獄、PPの弱さを認めてこそ、人は強くなれるという主題。
今作はInnnocent Grey作品を繋ぐ作品であり、今までの集大成に為りえた作品ではないだろうか。
ここまで偏執――パラノイアが主であるように書いてきたが、個人的には執らわれたココロと言ったほうがしっくりくる。
亡くしたものに贖罪を行うことは難しい。
その相手は既にいないのだから。

先日、某所が、舞台のCGの元になっているのではないかということを書いたが、その正誤は制作した人間に訊けばいい、そうすればわかることだ。
(注、表現上の綾です、尋ねることを勧めるものではありません)
しかし、本当の自分などというものの答えを、誰が知っているというのだろうか。
本当の自分、その答えは有り難いものだと思う。

六識命、間宮心爾、朽木冬子、かれらは皆、救済し難いものに執らわれていたように思う。

悲劇だらけの世界の殻を打ち破るのは、
少女の微笑みなのかもしれない

おそらく、かれらが救われるにはそれが必要だったのだと思う。
セレス・ステラもしくは、マリア・ステラの
六識美砂、間宮美雪の
冬子には自身に微笑むことが。

真エンディングが出されてしまった以上作品における正史を覆すことはできない。
そうだとしても冬子の微笑みを求めてしまう。
そんな私も、また、執らわれているのかもしれないと思うのだ。



その他のことについて

今回、公募で声優の方々を選出したわけですが、不満がないと言えば嘘になると思います。
ただ、これは新人だからとかそういったものではありません。
より良く出来た可能性があるということが残念なのです。。
とある作品が元となっていると騒がれていますが、その作品は18禁PCゲームではありません。
ゆえに、この物語自体は18禁PCゲームである絶対的な必要はないと思います。
媒体が違うため、当然物語の見せ方が異なりますし、魅力となる面も違います。
音楽や絵はInnocent Greyが今まで言われ続けているようにレベルの高いものだったと思います。
その点で、媒体が変わった壁というのは越えられていると思います。
しかし、私は欲深い人間ですので、登場人物について考えたとき、俳優、女優のことも考えてしまうのです。
これには、件の作品が映画化されていることもあると思います。
より良い表現、作品を求めたとき、選択肢としてそういうものがあるということです。
比較することにあまり意味がありませんが、声優の年数に限らず、ドラマや舞台で活躍されている役者の方々も私の中では比較対象になりうるということです。
そうした場合、声優の方が新人であるか否かに関らず、全く不平がないということは少ないのではないかと思います。
加えて言えば、ゲームはその性質上CGの差分によって表現の幅が決まってしまうということがあると思います。
私は、かわしまりのさんが大好きな人間ですが、紫については1,2箇所合っていないように感じるところがありました。
おそらく、これは声優さんの演技と立ち絵の変化に温度差があったからではないかと思います。
紫ですらこう感じるところがあったのだから、差分の少ない登場人物に関しては言わずもがな。
これは物語を勧めていく上で些細な違和感でしかありません。
けれども気になってしまうのです。
好きだからこそ、気になるのです。

絵と音楽に関しては上記のこと以外はあまり言うことがないというかサントラをループ、ループです。
早くビジュアルファンブックが出て欲しいです。
高くてもかまわないのでなるべく大きいサイズで。
そしてポスターを売って欲しい。
殻ノ少女のポスターを売って欲しい。

ミステリーゲームとしての部分については、この作品が自分にとって初めてのミステリーゲームらしいミステリーゲーム?なので、これといって言うことはありません。
ルート分岐がめんどうとかくらいでしょうか、この部分はよくわからないのでそれくらい。

これは自分が使っているPCのせいかもしれませんが、Discレス不可だったのも少し気になりました。
体験版をプレイしてまず魅かれたのが、表題曲「殻ノ少女」のBGMで始るスタート画面。
お決まりの注意事項やメーカーロゴが流れる音のない状態から静かにはじまるこの曲に魅かれるものがありました。
けれども本編を始めるとDisc確認のために動くドライブの音がなんともゲンナリ。
起動時だけなのはよいのですが、そこからの間が短く、個人的には最初に感じた魅力を殺いでいるように思うし、無粋でした。
観にいった映画とは全く雰囲気の違う映画のCMをみさせられてそのまま本編突入、、、と言っては言い過ぎですが、ニュアンスとしてはそんなものです。
もう少し間を空けて欲しかったと思います、もしくはPCへの負荷の少ないものに。

ファンディスクが出るのかどうかはわかりませんが、月ノ視ル夢のようなものでなければ、ifルートを作るのは遠慮して欲しいですね。
本編の続きはあるのあろうか、気になる、これが一番気になる。
ないのならないではっきりとし欲しいところであるが、このもどかしさも今のところはこの作品の魅力のような気がしているので、はっきりとはして欲しくない。(難しいのです
ただ、続きがあるのであれば、それまではギャグにはしるのを遠慮していただけるとうれしい。
『殻ノ少女』にしっかりとケリをつけてからにして欲しい。
ラストで偏執の象徴に魅入られてしまった少年はどうなるのだろうか、気になる。
昔からある手法ながら、本当に効果的な手法だ、全く。
(あの少年=間宮心爾で心爾の救済を描いているのか、あの少年≠間宮心爾で偏執の連鎖を象徴しているのか、それともそれ以外なのか気になる、気になる)


まぁ、こんなことをよくよく書いているのだから、やはり殻ノ少女に嵌っているのだとあらためて思う。
それでも、もう一つ、二つ上の作品を目指して欲しい。
イノグレ万歳。
(あと少し書きたかったことは省略、前日の記事参照のこと)

追記:誤解していたか?
>パラノイア――偏執。
>それが元となって起きた事件、その凄惨な結果しか描かれていなかったように思う。
>動機というものは第二者、第三者が納得するためのものだというのであれば、それでもよいと思うのだが、その場合にはそういった態度を明確に示して欲しいと思う。
>探偵が知ることができるのは、探偵からみえるものだけというのならこの程度でもかまわないかもしれない。
と書いたが、最初から探偵が掴める真実までしか描こうとはしていなかった、それを徹底したのではないか?
だから主要人物の描写が物足りなく感じるのではないか?
間宮心爾に関連することが整理され過ぎていて違和感を感じたが、逆にそれが間宮心爾の部屋が白で統一され、整然としているように彼の異常さを表してはいないだろうか?
きれい過ぎると言っていいほどの偏執の過程、それがまさに子供のようではないか?
わからない、全くわからない。
製作者の意図がわからないとなんとも言えない、、、
うぅむ、気になることが増えてしまった。。。。。
スポンサーサイト

Category: PCゲーム感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

プロファイル

pom

Author:pom
東京在住のエロゲーマー
 現在エロゲ歴8年
LSFC、LWFC、ABFCに入会中
最近はついったーのほうが利用頻度が高め。


漆黒のシャルノスオフィシャルサポーターサイトに参加中です!

pomの現状、あるいは惨状

pomの今やってるゲームpomの最近やったゲーム

FC2カウンター

メーカーさんへのリンク

・暁WORKS ・Innocent Grey Innocent Grey
・etude etude
・Nitro+ Nitroバナー
・WHITESOFT
・Liarsoft Liar-soft
・Littlewitch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。