2012 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今日はCOMIC1とM3ですね

 【30//2012】

comic1に参加しようか悩んでます。
涼屋狙いで行ってもよいのですが、行っても買えない可能性が高いので、、、
M3も普段より新譜の枚数が少ないのでテンションも上がらず、、、
何より試験まで1週間を切りました、まずいです、、、あぁ

ところで、『俺の彼女のウラオモテ』ですが、舞台地は川崎市のようですね。
一度川崎に行った際に見掛けた土手に似ているなぁとか背景をみていて思ったのですが、
設定をみてみたら、川波市 多真川学園ってどうみても川崎www

というかさっき知ったのですが、ブランドが川崎市にあるのですね。
開発室のある周囲でロケーションをしたのですかね?

主人公たちが利用している?スーパー↓
ウラオモテ舞台地
※画像はグーグル大先生マップより
スポンサーサイト

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

先週のキャララのことでも

 【29//2012】

もう日にちが経ったというか、もう一週間も前の話なのですが、
キャララに参加してきました。
で、そのときにいただいたサイン色紙です↓


5月25日に発売されるyatagarasuさんの『古色迷宮輪舞曲』という作品の予約者限定サイン会でいただきました!
サインしていただいたのは、サキ役 藤森ゆき奈さんと相葉和奏役 上田朱音さん、
それに主題歌『Le Conseil』を歌っていらっしゃるtohkoさんのお三方です。
あかべぇのliveには行かなかったので初生tohkoさん!というか上田さんを拝見するのも初でした。
ライブもあったりで、よかったです!
あとそう、tohkoさんのお誕生日が5月25日で『古色迷宮輪舞曲』の発売日と一緒というのも驚き!!
tohkoさんファンの方は是非買いましょう(笑
バースデイライブが来月あるそうなので、ご興味ある方がそちらもどうぞ、、、

他にもこの日は、、、娘。さんの『オトメDAYS』販促で宮沢ゆあなさん、
Athenaさんの『AngelGuard』販促で桃也みなみさん、鈴谷まやさんがいらしていたりで、
何かすんごい豪華な印象でした(笑

で、この日一番驚いたことが、気がつくと藤森ゆき奈さんが紙袋を頭から被っていたこと!?
ほんと何しているのでかね、あの方は。ほんとお茶目ですね(笑
藤森さんの横にいらした宮沢さんが写メを撮ったりされていて、そのやりとりに何となく和みました、、、
藤森さん面白いなぁ。

初めて宮沢さんにもお目にかかれたし良い一日でした!!(勉強進まなかったけどなっ!


宮沢さんの『絆星』が今月発売したので改めて『Dreht sich!』聴いてんですが、すごい歌詞よね。



忘れてた!2日ほど前?のことですが、『この大空に翼をひろげて』の体験版感想追記してます。
たぶん元記事の倍くらいの量にはなっているのではないかと(自分でも記憶が定かでない、、、

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

『この大空に翼を広げて』体験版感想(追記完了)

 【23//2012】

2012年04月26日追記しました。

というわけで、『この大空に翼を広げて』の体験版感想です。
OHPで「Trial-edition」レビューコンテスト2012.springというのが開催されてまして、
締め切りが今日なんですねー
あと1時間(ないよ!)だよ、ほんとギリギリ。
今から書き出して間に合うのかな、、、

とりまぁ、体験版の感想ですが、想像していた以上にボリュームがありました。
自分がゆるゆるやっていたせいもありますが、結構な時間やっていたような?
全体がわからないので感覚になりますけれど、話の構成的には第1部全部を公開した形なのでしょうか。
ものにもよりもますけれど、同人ゲー1本分くらいのボリュームがあったようななかったような。
(1000円ちょっとの同人ゲーぐらいの長さがあったような気はします)

短い体験版だとキャラクターがよくわからないまま終わったりすることもあるのですが、
これだけボリュームがあるとキャラクターも掴めますし、いいですね。
やる前は不安もあったのですが、だれる事なくできたのが何よりよかったですね。
キャラクターが皆前向きだったのが功を奏しているのかなと思います。
主人公にせよ、ヒロインにせよトラウマを抱えているのですが、
それを引きずり過ぎていないし、かと言って軽く扱っているわけでもないのですよね。
緩急の使い方が上手いというのかな?
そういう暗い部分が出るときには、印象的なシーンに持ってきていているのですよね。
(印象づくように作っているのでしょうね)

この作品は学園ものなので、当然舞台の時間帯は日中が多くなるのですが、
秘密の告白のシーンは夜なんですよね。
そういう切り替えの上手さがあるのかなと思います。
で、そういう場面展開の上手さってキャラクター描写にも通じていて、
キャラクターがちゃんと公の部分と私の部分を持っているのです。
秘密の告白がそうですね。(部活の時間などが公でしょうか)
思春期のちょっとしたセンチメンタリズムが青春っぽさ彩ってくれたようにも思いますし、
内面に抱えているシーンを強調することで、キャラクター同士の結びつきというか思い出?
を焼き付ける効果もあったのかなぁと。

キャラクター同士の出会いのシーンだけで印象付けが終わってしまうような体験版でなくてよかったと思います。
この先、個別シナリオに移行することになるはずですが、
その後の展開の補強にもなりますし、キャラクターに愛着が湧きますしね。

そうそう、キャラクター描写といえば小鳥の描写が好印象です。
体験版で一番最初に出てくる選択肢を選んだときの反応が、本当に天邪鬼でよかったです。

思い出しながら書いていたらここまでが限界だった、タイムリミット!
とりあえず公開設定にしますが、まだ追記します。(2012年04月23日23時53分

(続き)
そこが彼女の幼さでもあるのですが、そういった部分ってそんなにすぐには解決されないですからね。
小鳥が良かったのは、彼女自身が自分の幼さに自覚的だったことでしょうね。
今後の展開の伸び代にもなるのかなぁと。
昨年プレイした作品であったことなのですが、
シリアスな作品で主人公たちが大人び過ぎている印象の作品があったんですよ。
雰囲気は凄い好きだったのですが、あまりにも落ち着き過ぎていて無機質な印象を受けたのが残念でした。
(色々なことが重なってそういう印象が強くなったのですが、本作には関係ないので詳しい話は割愛)
幼さって見ている側からするとイラだちに変わることもあるので、塩梅が難しいのかなと思います。
まぁ、幼さを許せない自分も幼いのかなぁと思ったりもしますが(苦笑
とりまぁ、
小鳥の感情の起伏が豊かなとことかいじっぱりなところが、作品の雰囲気にも繋がってますね。

他のキャラクターのことも書くと、
幼馴染設定のあげは なのですが、OHPの紹介文の後半って書いたほうがよかったのかな?
あの文章があるから気になるキャラクターになったものの、
ある種のネタばれのようなもので、悪く言えばキャラクター透けないかなぁと。
今後の展開で彼女の素(私)の部分がどう描かれるのかが魅力の鍵でしょうか。
あの紹介を読むと、この3人って格好つけなところとか、
天邪鬼で素直になれないところとか似ているのかもしれませんね?
この作品の良さって仲間同士の何かをしたり時間を共有することの良さを押し付けないところに
あるのかなとも思ったりするのですが、そういう場の楽しさが生まれているのって、
似た者同士なところが影響しているのかなぁと思います。
当然、個々に味付けは違うのですが、波長が似てるというのかな?
あげはにしっても主人公にしても一通りのことは自分でできてしまうタイプの人間なので、
そこが今後のシナリオにかかってくるのかなぁとか期待したり、、、妄想ですね。

で、その3人からちょっと浮いているのが、天音先輩ですね。
どこかのマミさんのようにぼっち認定されないか心配(笑
新しいことを始めた3人とは逆に、過去のことに拘って続けたきた人なので、
そういう意味でも色が違うのかなぁと。
一旦ストーリーから逸れることにもなりそう?だし彼女のシナリオは予測つかないですね。

で、もっとよくわからないのが、金髪双子。
ほんとに触りしか出てません、、、みや美さんのクールキャラって珍しいかも。
双子がちゃんと二人で機能したシナリオになるかどうかが気になるところですね。
この2人って個別?同時攻略?
OHPだとどっちのえちぃシーンも公開されているのですよねぇ。
この2人も製品が出てみないとわからないですね。

メインキャラはこんな感じですかね。
サブキャラについてなんですが、、、
ひばりとほたると佳奈子は攻略できないのですかねっ?姉妹丼ないのですかねっ?
は、ともかく佳奈子さんイイキャラしてますね。
こういう明け透けなキャラ好きです。
今後も出張って欲しい(難しいか?
は、ともあれ、ほたるの扱いがどうなるかであげはシナリオは評価が変わりそうです。
あげは<ほたるにならなければ良いのですが、どうなることでしょう。
(かといって、今のままの扱いだとほたるのキャラ説はどうなのかな?と思いますしね)

キャラクター以外のことについてなんですが、
SDキャラ絵の挿入のタイミングが良かったです。
数年前ってあまりSD絵って使われていなくて、
Will系列のブランドが流行らせたイメージがあるのですが、
最近は増えてきたせいか単純にCG枚数を増やすために使ってるというか、
そこは等身高いほうだろって場面でもSD絵だったりする作品もあって、、、
少なくとも体験版の範囲内でそういう違和感っていうのかな?がなかったですし
コミカルにすべき場所でコミカルに出来ていた印象で良かったです。


それと最近気になっている、ステレオ音声について
どういうことかというと右左で出している音声が違ったり、
音量(位相はいじっているのかな?)が違うタイプのやつです。
これを使って例えば、右にいる人物であれば、
右の音量に対して左の音量を小さくしてやることで、右側にいることが音から判断できる
といった感じになるわけです。
効果としてはそういう空間的な立体感(広がり)だったりリアルさを狙っているのかなと思います。
ただ、自分は現状不完全なのかなと思います。

何がかというと、立ち絵と空間的な立ち位置が一致しないときに、
音の聞こえ方も空間的な立ち位置と不一致を起こすことです。
例えば、グライダーの解説をする天音先輩の立ち絵が右横にシフトしたときに
右の音量が大きくなり、左の音量が小さくなるのですね。
慣れないせいもあるのかもしれませんが、急に音量が変化するように聞こえるので違和感がありました。
左右の振り分けがきつ過ぎるのだと思います。
ステレオ音声が合わない場合は、オン/オフ機能でオフにしていまえばいいのですが、
コンフィグに左右の振り分け設定ができればなと思います。

あとは、例えばFRPの工作作業のシーンですね。
小鳥とあげはが一緒に作業しているシーンなのですが、一緒に作業しているので近いところにいるはずですよね?
でも立ち絵上だと右と左に割り振られるからそれぞれの音声の大小が左右に振り分けられてしまうので、
別の場所で作業しているような印象になるのです。
もしかすると、ほんとに別々の場所で作業しているかもなのですが、
かと言って画面からそれがわかるわけでもないような気がするので違和感があるのです。
前述の天音先輩の解説なんかもほんとに動きながら説明しているかもしれませんけれど、
そういう動きがわかるわけではないのですからね。
おそらく、現状のシステムだと立ち絵の表示位置で左右の音声を処理していると思うので、
場面ごとの例外処理が必要だと思います。
今後改善されるといいですね。(まぁ、手間が掛かるので厳しい気もします


一番気になるのは、キャッチコピーになっている『好きになるって、こういうこと。きっと。』がどうなるかでしょうか。
体験版をやる前は不安だったのですが、気になってきました。
だって、サブタイトルにしたってキャッチコピーにしたって、
内篭りがちな少女が新たな刺激(人や出来事)に出会って、経験を重ねることで世界(視野)を広げて
自分のできることを増やして前に進んでいくお話だって想像がつくし、
本当にそのとおりなら、ありふれたプロット(誤用かな?)じゃないですか。

けれど体験版をやった感想としては、
小鳥が碧を意識しているのはまるわかりなわけで、それが今後どのように変化していくのか、
空を飛ぶことに対する憧れや好きがどう描かれていくのか、
体験版をやる前よりも、キャラクターの感情がこもっった言葉に聞こえるようになってきたように思います。
たぶん、キャラクターへの入れ込みができたからでしょうね。
ヒロイン視点の描写があると嬉しいのですが、どうなのかな?あると嬉しいです。
あとは体験版の範囲は青春コメメディの色が強いので、それが青春ラブコメディにどう移り変わるのか、ですね。


つーか、なんでこんなに書いているのですかね(笑
あんまり意識していないけれど、結構期待しているのかな?
ツィッターでお知り合いになった、御夜宵子さんが長文で書いていたから刺激されたのかな?

うぅぬ、何というか自然に期待できる感じなのですよね。
変に期待し過ぎないっていのはおかしな言い方ですが、これは良作になりそうっていうのかな?
自然に期待ができます。
逆に言うと某所のように神作になる!!なんて期待の仕方はしていないのですが、
だいたい期待過多になる作品って舞台設定やらが豪奢だったり雰囲気先行型なんですよ。
最近だとグリザイアの果実とか穢翼のユースティアでしょうか。
この2作って出来はどう考えても平均より上というか後者なんかここ数年でもトップクラスなんですが、
どうも期待していたような大作じゃないというか。
グリザイアなんかは案の定3部作になりましたし、、、(グリザイアの迷宮でやっときた!って感じで印象は回復したのですが
この作品の場合は、ジャンルが青春ラブコメディということもあってなのでしょうか、
そういう壮大さはないのですが(失礼な話ですが)、地味に出来がいいのかもというか等身大っていうのかな?
肩肘張らないでいいというかですね、そういうところが爽やか青春ラブコメなのかな。

だってこれ、あんまり前に出してこないけれど、10周年記念作品というニュアンスですよね?
とらかぷっ! が2002年発売だし。宣伝とか地味じゃないか!?


と、こんな感じでかなり長くなった気がしますが、これで終わりにします。
最後は貶してんだか褒めてんだかわからない感じでしたが、期待してますよ?
ではでは~



(普段の作品感想より長く書いたきがする、疲れた、、、

Category: PCゲーム感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

また更新が不定期に、、、

 【19//2012】

なってきました、、、
最近は区の図書館に22時くらいまでいるもので、
帰宅してご飯を食べたら23時をまわっているもので、、、って誰に言い訳しているのですかね(苦笑

ゆきいろの初回版がロットアップしたとかしていないだとか。
発売前にこういう情報が流れるのは久々ですね。
予想以上に予約本数が伸びるか生産本数を抑えているかのどちら、あるいは両方ないと起きないですからねぇ。
前評判が高いやつは基本的に多めに生産掛けるので、そんなに起きないんですよねぇ。
自分の記憶にあるやつだとWhite Album2の後編がそんな感じだったかな?
あれは発売が近くなっても予約が伸びていたみたいです。

ゆきいろはどうしましょうかねぇ。
正直なところ、予約特典CD欲しさに購入検討をしていたのですが、
入手が難しくなりそうだけれど、どうせ後でねこサントラでるし、
ねこねこさんの作風は自分の性に合っていないような気もして、
けれど今回はシナリオに早狩さんが、、、
他にもいくつか気になっている作品あるしなぁ、、、
などと悩んでます(笑

サントラ目当てにソレイユシリーズの新作やら、ノリで予約したはるまで、くるるもあったりとか、、、
彼女のウラオモテもどこで予約したものか。
まぁ、現実逃避なんですけどねぇ(苦笑

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

百合霊やってます。

 【16//2012】

タイトルのとおり、『屋上の百合霊さん』やってます。
なんというかね、もうやられたわけですよ!
何がってわからないでしょうけれどね、
いいんだよっ、うん、いいんだ。

何がイイかって、立ち絵でエプロンの紐を縛ろうとするのがあるのですよ!!
もうね仕草がいい!うん。
絵もエロゲではみないタッチなので新鮮ですし、雰囲気に合っていて音楽もいいです。
パートボイスなのはやっぱり残念ですが、、、
ストーリーも今のところ楽しめています。
現在8月が始まったところです。
カレンダーが11月までですが、そこで終わりなのかな?

ほんとはアルテミスブルーの感想を書いてみようかとも思ったのですが、
今日は時間がないので、また今度。
ではでは。

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

1週間で終わるだろうか

 【14//2012】

アルテミスブルーが終わったので、百合霊をやってます。
何とか4月第4週の発売ラッシュまでに3月に購入したやつは終わりそうです。
本を探しに池袋に行った際に覗いてきましたが、まほよの新品6980円でした。
1週間くらいで百合霊を終わらせて、これまた1週間でまほよを、、、
なんて甘い考えもありますが、5月の第1週末に公務員試験が待っているので、ここは我慢ですね。
今年のGWはイベントごとが固まっているので、行きたいやつもいくつかあるのですが、、、
そろそろ計画を立て直さねば

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

体力ががが

 【14//2012】

久しぶりに生まれ故郷に半日帰ってました。
と言っても生まれただけのところですが。
東京より北にあるので、こちらよりも桜がまだ残っていましたね。
さすがに満開とはいかずいささか散ってはいましたが、
8割くらいは残っていたので花見は十分できました。

というわけで、1時間くらい歩いたわけですが、
異常に疲れてました、、、帰宅してから即寝。
体力が落ちてます、、、

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

まほよ発売ー

 【12//2012】

しましたね!
こう書いていてあれですが、買ってません、予約もしてません。
でも欲しい、やりたいっ
たぶん我慢できずに買います!

『`&'-空の向こうで咲きますように-』終わりました。
ゲームメーターのほうには↓のわけわからない一言コメント?だけしました。
 小さい頃にズッコケ3人組を読んだ気分になる感じが近いのかもしれませんが、
 自分は読んだ事がないのでわかりません。冒険譚です。
 クリア後のアルバムのシステムetc.の要素は面白かったです。
ストーリーはまぁ、うーん面白いんじゃないですかね?
テーマの部分は、るい智と被るところがあるのであれですが。
テーマが主に気になってやる場合には、あまり期待しすぎないほうがいいような?です。
細かいことは書く気になったら書くかも。
るい智やってない人のほうが楽しめるような気はします。
おまけ部分の要素が面白いという印象です、特にアルバムのシステムはいいです。
イベントがあったときの写真(CG)をクリア後にキャラクターが思い出し語りするっていうの、
アレいいです。

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

バイノーラル録音ってさぁ

 【11//2012】

fengがバイノーラル録音をウリにしていたりしましたが、
実際録音するときって立ち絵に合わせて声優の立ち位置を変えていたりしたのですかね?
そうじゃないとあんまり使う意味ないと思うのですよね。

立ち位置というのは右左だけでなく、奥行き方向もです。もっというなら画面の縦方向も。
奥行きは単純に距離ですね。縦方向は身長とか姿勢とかを表現するのに使えるのかな?
主人公より背の低いヒロインであれば、主人公より背の高いヒロインに比べて
低い位置から声がするようが道理でしょ?
あとは例えば、男性が苦手なヒロインなら、最初と最後で、
最後のほうが近い位置から話しているように聞こえるとか?
使おうと思えばですがね。

例えば距離なんか音量下げればいいと思っているのであれば、ちょっと違うのですね。
周波数によって減衰が違うので、単純に音量を下げればいいというわけでは、、、

細かいなっ と思う方もいるでしょう、
そう、ぶっちゃけ気にする程度なの?って話。
声優さんがいつも同じ音量で演技するわけではないだろうから音量調整とかするだろうし、
後でいじるのだったら、普通のステレオ録音とかステレオ音源で左右の音量違ってるのと、
そんなに差が出るのかなぁとか、、、、

何より、ユーザーの環境に依存するから上流(音源)をいくら頑張ってもあんまり効果がないような、、、
フィルタ作って音源に掛けるだけとかのほうが楽だと思うのですけれど、、、
『星空へ架かる橋』をプレイされた方にはどんなだったのかを訊きたいです。

で、付け加えると立ち絵との合わせが大切だと思います。
主人公とヒロインの立ち位置が変った様子がないのに、
立ち絵やカットインの都合で聞こえ方がR音量 = L音量からR音量 > L音量
といういうような具合になっている作品があって、非常に気になりました。
それまで聞こえていたものが聞こえなくなる、また逆に聞こえるようなるというのは気になるのです。

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

飽きてきた?

 【09//2012】

かどうかはわかりませんが、“&”やっていてイマイチのれなくなってきたので、
アルテミスブルーを始めました(苦笑
理屈がなってませんが、まぁうん、気分転換?

アルテミスブルーは全8話?のようですが、現在は第5話の
Flight5 アディオス・マリア をやっている最中です。

主流と違う作品なので勧めづらいですが、
雰囲気が独特で面白いです。
ハートフル・ライトSFコメディなんてジャンルからして特殊ですよね(笑
音楽がいい味だしてます。
日本人にとってわかりやすいアメリカンな曲っていうんですかね、
メジャーな曲を持ってきてくれているので、すごく馴染みやすいっていうか。

あっぷりけ -妹-の作品はフェイクアズール・アーコロジーもやってますが、
あっちとは全然違う雰囲気です。
まったりゲーですね、地味。
昔のドラマとか映画を思い出す感じです。
ハートフルコメディの部分が気取った感じじゃなくて、
いい意味で生活感があるというか所帯染みているというか。
ファミリーコメディをみているような温かみと楽しさがあります。
アニメで思い浮かんだのだとYAT安心!宇宙旅行とか?
あれのギャグを弱めて下品さ(ワイルド?)を少しまぶした感じ。
カウボーイビバップのシリアスじゃない回とかも思い浮かぶかも?
映画やアニメ、色んなところからの引用というか参照というかがあって面白いです。
若干ドラマちっくにするところが鼻につくきらいがなくはないですが、この先が楽しみです。

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

すぴぱらテーマソング発売記念イベントに行ってきた【訂正】

 【08//2012】

【訂正箇所赤字
はい、タイトルどおりです。
いつものminoriイベントでした。
2日間寝ずに作業をしていいたらしく、
ランナーズハイっぽくnbkzさんのテンションが若干高かった気がします。
それと痩せた?
1時間くらいnbkzさんが話をして、コールの練習をして、曲披露、撮影会の流れでした。
コールについては、作品説明よりもある種の熱の入った指導があります(笑
Machicoさん、面白いと言っては失礼なのかもしれませんが、面白い方でした。
慣れていないことがあるのだろうけれど、緊張しまくりで天然的に面白かったです。
歌も盛り上がりました。
5月23日に出るほうのテーマソングにはカップリング曲がつくようです。


以下メモ

efとかeden*とかetc. minori作品はストーリー型だったけれど、
すぴぱらはエピソード型だとか。エピソード型の例をあげるとアニメのひだまりスケッチ(シャフト)

すぴぱら♯1、長さはeden*よりは長い。ef first taleよりは長い。latter taleより短い。
minoriのは濃密集中型(長さ≠ボリュームの考えから)なので他社と比べると短い。

全部回収できるかわからないけれど、伏線はいっぱい張った。アリスの秘密は♯1ではわからないらしい。分割商法のつもりはなく、最初から1本でやろうとすると予算が準備できないから出しては資金回収して次を作る。
(みたいな話をしてた、ラノベのような人気なら続編形式と。要は続きがみたければ買ってね、広めてねってことかと)
(伏線のことも話を広げられるようにキャラクターを多めにしたという意味を含んでいたと思う。
 ムービーにメインビジュアルに出てくる3人以外がちゃんと描かれていたりするし)



演出関係についてはテックジャイアン付属のやつを使って簡単に説明でした。
それにまつわる苦労話とか。
16:9は立ち絵演出に、4:3はイベント絵にはが向いているって話が出ていたかと思います。【訂正
16:9だとイベント絵には狭いだったかな?最近も別のメーカーさんが構図が大変というお話してましたね。
efは動かしすぎてので、反省したというのは、意外だったかも?
緩急が大事だともおっしゃてましたね。
ムービーについては細かい数字を覚えていないので、触れないでおきます。アニオタでないので(笑
画像の類はminoriさんがアップして下さるそうなので、とりあえず今回の更新では貼りません。
Machicoさんの写真も最後に撮らせていただきましたが、名古屋が終わるまでは貼らないかも。
貼るかもしれませんが(笑

ではでは。

Category: イベント

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

最近聖地巡礼が流行っているそうですが

 【07//2012】

今日は自転車で江古田に行ってきました。先月あたりに感想記事を書いた
『神聖にして侵すべからず』の舞台地にもなった場所ですね。
DVDを持っていないので確認できていないのですが、たぶん劇場版空の境界にも写っていた気がします。
幹也と式のデートがサンシャインだったりなので、西武池袋線沿線に住んでいる設定だったのでしょうか。
そういえば、もっと姉しよの舞台地の写真を撮ってきてアップしていなかったので、今日は後でアップします。
そんな感じ。

それにしても、大学生活最後の学会発表がもっと姉しよの舞台地とか、
何というか最後までエロゲーマー生活だったというか、世間は狭いというか(笑

ちなみに大学院修了前最後に受けた会社の会場が、
素晴らしき日々の背景に使われている場所の近くでした(笑


というわけで2枚をペタペタ。
わかる方にはわかりますよね?もっと姉しよの舞台地です。
ほんとは商店街もう1箇所だったかな?あるのですが、
下調べをしないで行ったので、確認とれず。
主人公たちが通う学園のモデルは高校なので、
写真を撮っているともめそうで怖かったので、撮りませんでした。



Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

そろそろ桜が見ごろですね

 【06//2012】

まぁ、タイトルどおりなこの頃です。
今日は朝からminoriの新作すぴぱらのマキシシングル「Magical Happy Show!」
を買いに秋葉原へ行ってました。

ソフマップで買いましたよ、イベントチケット貰えるのだからそりゃそうでしょうよと!
10時30分くらいに行ったら30名くらいの列ができてました。
minoriが発売記念でこういうのやるのって、
ef latter taleの主題歌発売以来ですかね?
自分minoriの音楽CD発売記念イベントに参加するのは3回目になりますね。

“イベントレポートしちゃおうかな”とお考えのブロガーさんや、
いつも“にゅっと”等と言いがちなヘビーtwitterユーザーさんは、是非お役立てください♪

とか書かれているので、気が向いたら書きます。
記事にすること無さそうな気がするので、期待はしないで下さい。

そういや、latter taleのムービーが以前のイベントで公開されたので、
今回のイベントでも公開されるはず?
そういえば、その頃に公開されたムービーとその後に公開されたムービーって
若干修正が入っているので、少し違うらしいですよ。
修正前のは2、3日くらい?しか公開してなかったはずなので、
真偽のほどは確かでないのですがね。

とりまぁ、日曜日は秋葉原です。


あとついでに、先日インタビューズで書いた春に聴きたくなる曲。
どの曲もnon vocalです。

CUFFSの「さくらむすび」から『さくら』
サントラは何度も聴いているのに、購入してから何年も積んでる作品です(汗
今もWalkmanに入ってます。
自分はdemo ver.のほうをよく聴いてます、たぶん。
良い作品なので、本編ともどもオススメ!!なんていえればいいのですけれど、
やっていないので、損は絶対にないからサントラだけでも買っておけと言っておきます。
間違いなくエロゲサントラの名盤です、きっと。



Innocent Greyの「カルタグラ」から『レンゴク』
霜月はるかさんが歌われている『恋獄』のほうが有名ですが、
自分はこちらのほうが思い入れがあります。(まぁ、作品やっていない人は知らないから当たり前ですが)
作品タイトル画面に使われている曲で、冬のイメージがあるカルタグラでは?になるかもしれませんが、
最後までやればわかると思います。
この曲を聴いたときの感慨をかみしめたくて、当時プレミアだったCDを買いました。
自分が初めて購入した高額?中古CDです。
今現在も入手が難しいのが残念、、、
恋獄匣も半分以上Manie+欲しさに注文しましたね。


Silver Bulletの「雪影」から『抱擁』
twitterでお知り合いの方は、何度自分がつぶやているのもみているかもですね。
雪影の中で一番好きな曲です。
雪影を象徴する曲で、登場人物や季節の変化を感じさせる曲です。
いや、ほんと大好きです、曲題もいい!
今回紹介した3曲が収録されているアルバムの中では
一番入手しにくいアルバムに収録されているような気がします。
CUFFSとInnocentGreyはある程度需要があるのですけれど、
SilverBullet、その上雪影となると、、、な感じで残念です。
作品自体も良い出来なので、『禁忌』『伝承』あたりに食指が向くようでしたらおススメします。
田中ロミオさんがシナリオ担当以外で関わって成功している数少ない作品の1つです。
現在はDL版ののみのはずなので、ご注意を。

冬ゲーといえば、これ↑

曲はそれぞれ、下記に収録されてます。
さくらむすび音楽集

カルタグラオリジナルサウンドトラック「Manie」
カルタグラサウンドトラック『Manie+』

「雪影」 & 「月と魔法と太陽と」 サウンドトラック 『雪月そして……花?』

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

エロゲが進まない

 【05//2012】

エロゲが進みません、、
12日にまほよが発売されるので、
それまでに先月の30日発売されたのを1本終わらせようと思っていたのですが、、、
屋上の百合霊さんは全く手をつけてません。
&は、
『‘&’-空の向こうで咲きますように- 現在の冒険実績はLV28「神聖賢者 Holiness wise man」です。 http://bit.ly/9NKPwO #and_sora』
らしいです。

明日は、件のビジュアルファンブックの確認と、すぴぱらの主題歌CDを買いに行ってきます。
予約済みなのですが、イベント参加目当てに一般販売分狙いです。

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

諸君、敵は目前だ!仕事しろ!!

 【04//2012】

と、無職の私が言ってみました。
自虐ネタもいい加減うざいかもね、うん。
pomです。

もし、私のブログを見てくださっている方の中で、
大学生の方がいらっしゃるようであれば、
大学生活の中で一番講義についていけないのは最初の1年なので、
ちゃんと勉強したほうがいいですよ、工学系の人。
というのは、自分が機械系だから。

自分の経験でいうと、1年の講義でやった数学が一番つらかったです。
高校との内容にかなりギャップがある印象で、
その上、新たに教わることの量が多かったです。
そして、工学系でしたら必ずそこで習った数学はその後も使うことになります。
最初の1年くらいはちゃんと勉強したほうがいいですよ?
四大力学もくそもないので。

ところで、
猫撫ディストーション公式ビジュアルファンブック
4月6日(金)発売です。
明後日です。
自分はGetchu屋の告知で知りました。
WHITESOFT、告知しろ。
当初は昨年発売だったような?ですし、出版社も違ったような?なので、
結構ゴタついたのかもしれません。
Exodusの発表前に告知があったような?

内容はこんな感じらしいです。
【充実の5大コンテンツ】
(1)全イベントCGを網羅。
(2)各種版権ビジュアルイラストを一挙掲載。
(3)プロデューサーロングインタビュー。
(4)新作 「猫撫ディストーション Exodus」 紹介。
(5)貴重なラフデザイン&イメージ資料を公開。

いちおGetchu屋へのリンクを貼っておきます。
猫撫ディストーション 公式ビジュアルファンブック

ギズモ、告知しろ!

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

空より淡き瑠璃色の

 【03//2012】

『夜明け前より瑠璃色な』というタイトルは
とてもきれいなタイトルだなぁと思っていたりもするのですが、
やっていません(笑

インストールはしてあるはずです。
で、実は気になっていることがあるのですが、
『夜明け前より瑠璃色な』とは何を指しているのでしょうか。
順当にいくと地球のようでもあるのですが、
これは、フィーナに宛てた恋文なのでしょうか

まぁ、でも髪の色が瑠璃色ではないので、違うのかなぁ
知り合いには、ご託はいいから早くやれとつっ込まれそうな気がします(笑

ちなみに、今日のタイトルは少女革命ウテナの29話からです。
先日少し観返す機会があったので、懐古です。
やっぱり樹璃はいいなぁ。
ウテナで一番好きなのは、樹璃かもですね。

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

近況

 【02//2012】

&が1ヒロイン終わりました。

とりあえず更新した事実を作ったぜ、やったね!
まぁ、うん、ネタがないんだ。

そういや、黄昏乙女×アムネジアを6巻まで読みました。
面白かった!!
めいびぃさんに失礼ですが、正直意外でした。
続きが楽しみ。

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

エロゲーを始める人に薦めるエロゲー6本

 【01//2012】

まぁ、タイトル通りな感じです
と言っても薦めるってほどでないですけれど。

体験版をやって吟味してから新作買ってやるぜとか
好きな絵師の原画作品を買うっていう人は勝手に?買うと思うので、
ゲーム9000円も払ってられるかーとか
今月買ったエロゲ終わっちまって来月までどうするか
そういう人向け?みたいな感じです、はい。

当たり前ですけれど、ロットアップ(絶版)になっていなくて、
5000円を越えない作品を選んだはずです、うん。
DL作品を含めると選択肢が広がるのですが、
自分が利用したことがないので、今回は除きました。
それと、自分が長いお話だと苦痛に感じる性質なので、
それほど長くないやつを選びました。1つ違いますけれど。
あとは、自分の環境下で起動できているので、windows7でできるはずです。
メーカーサポートはなかったりしますけれどね。
まぁ、そんな感じで以下本文↓



で、です。安く済まそうと思ったら低価格帯の作品を探すしかないわけで、
6本選んでみたうちの4本が廉価版です。
まぁ、逆にいれば廉価版が出るくらいには人気があるということで。
あと、個人的には今回選んだ作品はどれも音楽がいいと思います。
現状思い浮かんだ6本が↓

潮風の消える海に潮風の消える海に
(2007/01/26)
Windows

商品詳細を見る

まずは1本目、
lightから2006年に発売された作品で、今回あげた6つの中では最も短いストーリーになっていると思います。
ジュブナイルものってやつで、胡散臭い爽やか青春モノが拝めます。
夏休みにたまにやっている2時間スペシャルの特別ドラマとかそういうのが近いかもしれません。
エロゲらしいかと問われると疑問符もありますが、読みやすいので始めるのにはいいかなと。
原画の方が化物語のキャラクターデザイン等々をやっていらっしゃる方なので、
そういう意味でもとっつき易いかもしれません。
注意事項としては、中古で買い取ってくれない商品なので、
読み終わった本は売る という習慣がある人はそれを念頭に。
まぁ、映画で1500円払うところを、倍払って倍くらいの長さのドラマを観る
と思っていただければよいかと思います。
壮大なストーリーを期待すると失敗しますが、
ごくありふれた?青春の1ページみたいなものを読みたいときには良い作品です。


ワンコとリリー 通常版ワンコとリリー 通常版
(2007/03/23)
Windows

商品詳細を見る

東方Projectがお好きな方は1度くらいは目にしたことがあるでしょう、桜沢いづみさん
が原画を担当されている作品です。
CGの塗りの淡い印象もあって、やわらかい印象のするビジュアルですが、
いえ、実際ぽわぽわというか、わふわふもふもふというかする作品ですが、
それだけじゃない作品です。
ある一日の散歩道であったことをメインで描いていて、
まぁ、それだけでかなり珍しいので、これから始める人間に薦めるかという感もありますが、、、
とにかく無駄が少なくて、おそろしいほどにきれいにまとまっている印象のある作品なので、
個人的にはオススメなのです。
何よりシナリオ担当のトノイケダイスケさんの世界観が透きとおっているというか、
きらきらとしているのだけれども淡さがあって、儚いというか。
まぁ、単純に自分が好きなのです。
注意としては感傷的な雰囲気のある作品なので、そういうのが苦手な方にはお薦めできないかなと。
百合漫画とかにある雰囲気に近いものがあるかもしれません。


ユメミルクスリ 廉価版ユメミルクスリ 廉価版
(2009/03/19)
Windows

商品詳細を見る

2005年末に発売された作品の廉価版です。
原画はラノベ、特に電撃文庫を読んでいる者の間では知らない者はいないであろうタイトル、
とある魔術の禁書目録で挿絵を担当されている灰村キヨタカさんです。
そのことがあってプレミアがついたために一時期は入手が難しい作品でした。
ネットで検索をかけると“欝ゲー”のジャンルに入れられていることもありますが、
個人的にはそんなことはないと思います。(正確にはそれだけで終わる作品ではない)
いじめ、他人恐怖症、ドラッグと怪しい雰囲気はありますが、
(エロゲじゃないとできないような表現が一部にあったちもしますが)普通の?青春ものです。
神様の手帳から熱血もの?の要素を除いて雰囲気を柔らかくすると近いかもしれません?
絵、音楽、物語、全部が良い出来で、なおかつ調和しているのでとても雰囲気のよい作品です。
そして安い!!(笑


Phantom INTEGRATION Nitro The Best! Vol.1Phantom INTEGRATION Nitro The Best! Vol.1
(2009/04/24)
Windows

商品詳細を見る

魔法少女まどか☆マギカ、Fate/Zeroで最近話題の虚淵玄さんのエロゲ処女作です。
3年前にアニメ化されたので、ご存知の方も多いかと思います。
最初の発売が2000年ということで、色々と古めかしいところはありますが、
最近のエロゲにシナリオは劣っていないと思います。
というか、こういう雰囲気の作品が少ないので貴重です、何より面白い。
アニメを観ていた方は違いを楽しむのも面白いのではないでしょうか?(自分はアニメを観てません)
マフィアの殺し屋の話なので、ギャング映画みたいなものなのですが、
かといって派手な動きがあるかという違って、淡々と進む作品です。
虚淵作品の面白さは火薬の量のようなものよりは、登場人物の心理描写だと思います。
Fate/Zeroのようなダイナミズムも面白いですけれどね。
アクションものの大立ち回りを期待するのであれば、ねこねこそふとのScarlettがお薦めです。


赫炎のインガノックFull voice ReBORN赫炎のインガノックFull voice ReBORN
(2011/12/22)
Windows

商品詳細を見る

ライアーソフトのスチームパンクシリーズの第2弾です。
いきなり2かよっ というツッコミが入りそうですが、自分が1作目をやってないのです(苦笑
自分がやったときに比べてボイスが追加されていたりCGが追加されたりのパワーアップで、
当時の価格の半分!!驚愕ですね(笑
独特の世界観を持っている作品で、ファンタジーなどのおとぎ話や
絵本が好きな方には気に入っていただけるのではないかと。
ムービーや体験版をプレイしていただけると雰囲気が十分お分かりになるかと思います。
謎めいた台詞回し、奇怪な登場人物たち、都市の空気を感じさせるような音楽
とても大好きな作品です。
公式サイトに後日談のショートストーリーが掲載されているので
もしプレイされた方は、チェックしていただければと思います。
あ、エロは期待しちゃいけません、絶対!!

D.C.II P.C.~ダ・カーポII プラスコミュニケーション~ D.C.III スターターパックD.C.II P.C.~ダ・カーポII プラスコミュニケーション~ D.C.III スターターパック
(2012/03/14)
Windows

商品詳細を見る

萌え系作品がねぇってことに5本書いて気づいたので、追加。
自分がやったのは2006年発売の一番最初のやつなので、
こんなにいっぱいヒロインはいませんでした(笑
今回取り上げた作品の中では最も量的なコストパフォーマンスが良いのではないでしょうか。
まさかに時間はあっても金がない大学生向き!
とまぁ、半分の冗談はさておきまして、
グラフィックも綺麗ですし、音楽も良いので安定した作品なのです。
曲に歌が多い(はず)です。
初代のD.C.ファンからの風当たりは必ずしもよくないようですが、自分は楽しめました。
(初代を薦めないのは、自分がやってないからです(苦笑)
先月発売されたばかりで入手がし易いですし、OS対応もXP~7なので、安心かもしれません。
今月には続編となるD.C.Ⅲが発売されるので、やり始めるには良いタイミングかもしれません。
(メーカーの回し者ではないよ!(笑)



というわけで、簡単ではありますが以上6作品を紹介してみました。
ではでは。

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

4月発売の期待していたらしい作品

 【01//2012】

2012年04月12日発売予定
まほつかバナー
・魔法使いの夜
 わかってる、どうせ出ない。来年就職する前に出してくれればいい。 
 4月入社には間に合わないらしい。
 これは就職先が決まっていない俺に対する配慮か!
 そんな自虐。
 出来がよければそれでいい、ほんとそれだけ。
 それだけの力があると思っている。
 けれど、実は奈須さんは娯楽作品書くのに向いてないなぁとか思うところもあって、どうなのだろう。
 まぁ、とりあえず楽しみに待ちます。

2012年04月27日発売予定

・ゆきいろ
 主題歌CD買ぃ(ゲフンゲフン
 たぶん体験版は、、、やっている時間がなさそうですね。
 最近まで知らなかったのですが、早狩武志さんが参加されているそうで。
 早狩さん、サイトの更新しなくなりました?こんな頻度でしたっけか?
 それはさておき、前作のWhiteが途中で止まっているので、今作はどうなるか。
 みずいろやラムネに回帰するようなので、昔からのファンの方には朗報なのかな?
 自分としては、チラシで見たにへら笑いに一目ぼれしたので、ちとせが気になってます。
 お財布的には延期してくれて助かったのですが、作品的には2月に発売できたほうがよかったのかなぁ。
俺の彼女のウラオモテバナー 710px×120px
・彼女のウラオモテ
 いやね、妹がエロいのですよ!
 いや、ほんとエロいんだ!(そこはかとなく鳴沢唯の気配がした!)
 いや、もうね、表情がエロいんだ、たまらね!(←おっさん気味)
 それしかないのかと言われれば、それしか今のところ興味ないですっ
 いや、うん、サイトのグラフィック見たら同意して貰えると思う、うん。
 早く体験版出ないのですかね、てかこのタイミングで出てなくて発売日間に合うのだろうか、、、
 と思っていたら公開されたらしい、現在DL中。DL完了、プレイ。
 もう少し長く入れられなかったのかなぁというのが所感。
 新しい生活が始まってからのゴタゴタを楽しむところがあると思うのだけれど、
 そこが体験できないのはイタイような?妹はエロかったのでいいのですけれど。
 日が経ってカウントダウンが始まりました、、、気になる、体験版の後に実妹と義理姉?妹?
 の関係がどうなるのか、どんなやり取りがあるのか気になる、、、これは体験版商法に嵌められた!?(笑

Category: 日記

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

プロファイル

pom

Author:pom
東京在住のエロゲーマー
 現在エロゲ歴8年
LSFC、LWFC、ABFCに入会中
最近はついったーのほうが利用頻度が高め。


漆黒のシャルノスオフィシャルサポーターサイトに参加中です!

pomの現状、あるいは惨状

pomの今やってるゲームpomの最近やったゲーム

FC2カウンター

メーカーさんへのリンク

・暁WORKS ・Innocent Grey Innocent Grey
・etude etude
・Nitro+ Nitroバナー
・WHITESOFT
・Liarsoft Liar-soft
・Littlewitch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。