2011 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 02

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今更ながらに思ったのですが、【グリザイアの迷宮、発売前所感】

 【31//2012】

今更ながらに思ったのですが、
『グリザイアの迷宮』はそんなに期待するほどでもないのかなー とか、、、

出来が悪そうとかそういうことではなく、
あくまで『グリザイアの楽園』への道筋立てだよなぁとか。
謎解きのための迷宮であるにせよ。
迷いの森であるにせよ。
繋ぎの章なんですよね。

繋ぎの回、話、章、節etc.どんなものにでもあるものですが、
FDとしての色合いが濃いというか、
1章と3章よりはパンチが弱くなるのかなぁとか思ったり。
雄二の過去話次第ですかね?
ほかのヒロインはFD色のほうが強そうです。
まぁ、FD色が強くなるのは当たり前なんですけれどね。
自分はグリザイアの果実が作品として未完成だったと思っているクチなわけで、
つまりは、FDというよりも3部作の1部としてみようとしていたので、、、

あ、間違ってもネガキャンではないですよ?
今週中にメディオで予約する予定です、はい。
早く『楽園』が出ないかなーと。
天音シナリオラスト、どうするのか気になっているのです。
天音以外のシナリオは道の途中ですが、
彼女だけ先に最期を書いてしまいましたからね。
どうなるのかなー

『迷宮』で注目しているところといえば、
雄二の過去話が共通扱いになるのか、
それとも誰か個別のヒロインの話の一部の扱いになるのか
ですね。

天音と蒔菜以外のヒロインは所謂‘運命の果実を一緒に食べよう ’
の感が弱いので、雄二の過去話を入れることで厚みを持たせるのかどうか。
自分は、雄二の過去話を『果実』で扱わなかったことに不満を感じていて、
それが未完成だと言っているので、そこが焦点です。

みなさんは、どんなところに期待していらっしゃるのでしょうか?


あー、ちなみに体験版はやりません。
もしくは、やってません。(出ているのかな?わからないや。
ま、とにかくやりません。
購入まで楽しみに待ちたいと思います。
ではでは。
スポンサーサイト

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

好きなエロゲベスト10ってやつ

 【28//2012】

以前、インタビューズというサイトに登録させていただいていることは書いたと思うのですが、
『ずばり、「好きなエロゲベスト10」と「好きなエロゲ作家ベスト5」を教えて下さい!』
なんて質問がきたので答えてみました

正直、今同じタイトルを挙げるかどうかわからないですけれどね。
気分屋なので。
私のことを知っている人は虚淵さんの作品が入っていないことにツッコミを入れそうですし。
なんで入れなかったんだろ?
上で書いた10作以外だと、『鬼哭街』・『沙耶の唄』・『ANGEL TYPE』・『雪影』・『きっと、澄みわたる朝色よりも、』
あたりで悩みました。

もう少しで長かった大学生活6年も終わりですし,
今年5月でこのブログも開始5周年を迎えることになるので、
ランキングは作りたいなぁと思っていたりです。
どうせやるならランキングだけ載せるのではなく、理由もちゃんと載せられるといいですね。

その前に就職先を見つけなければならないのですが、
学生のうちに有名どころはやっておきたいなぁ なんて気持ちもあったり、、、ヘタレですね。

まぁ、残り少ない2ヶ月は上手く使いたいです。


ところでさ、「聞かれるなら答えます」ってどうなのよ。
インタビューを読んでいる第3者を意識しろってことなの?

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

七ふし所感(ネタばれなし、というかまだ終わってない)

 【22//2012】

とりあえず七穂シナリオ終わりました。
まぁ、なんといいますか、面白いけれど、絵がかわいいっていうのが一番なのかな?
って印象です。

植田さんの絵がまた印象があったりもしますが、かわいいは正義です。
秋コンの頃よりは好きな絵です。
ただ崩れている印象のところもあって、
ふみの立ち絵は頭と体のバランスが合ってないように思えて残念だったり?
そんなところもあったりなかったりですが、
キャラクターの表情がころころと変化していてニヤニヤしながら楽しめてます。
個人的にはエリスの顔の輪郭が好きかな?

このまま見た目の話をすると、
色彩と雰囲気が合っている印象で、
秋コンのときより動きを持った演出が減って地味な印象もあるのだけれど、
効果的になっているような?
あっさりしている気もするのですけれど、
作品的にはこれくらいがいいのかなと思ったりです。

それとsaveとかload画面の意匠デザインがいいです。
個人的にはシステム音ももう少し工夫して欲しかったとは思います。
時計あるいは歯車の思わせるような音にして欲しかったと。
残念に感じるくらいに良い意匠だと思います。
まぁ、データの表示数が少ないだとかの使いづらさもあるので、
そっちも伴ってくれていればよかったかも、注文が多くなりますけれど。

雰囲気という意味では、音楽(BGM)が予想以上に良かったです。
昨年の中では当たりだと思います。
サントラが聴きたくなる作品ってそんなにないですから。

んで、シナリオのほうですが、
キャラクターが人間身に欠けている感がありますね。
感情の動きだったり、状況判断といったものが淡々とし過ぎているというか。
少なくとも中高生のそれとは違う感があります。
ストーリー的には間違っていないのでしょうし、
作品の雰囲気にも成っているので、悪いというわけでもないのですけれど、
楽しいと感じる類の描写とも違うのかなと。
淡々していると書きましたが、キャラクターがそうであれば物語もそうなるわけで、
若干おいてきぼりにされる感があります。キャラクターの割り切りが早いからなのかな?
両作品とも全然終わっていないのでアレですが、
秋コンのときとは方向性が違うと思うので、その流れで買う人は注意かも?
あれの場合は読者に追体験させて読者を楽しませるものだと思いますが、
こちらは、読者と距離が置かれているというか、完全に読み物かと。
(いえ、どちらにせよ読み物なのですが
まだヒロインの一人が終わっただけですし、グランドエンドもあるのようなので、
キャラクターの描かれていない部分が今後みれればいいなと期待しているところです。


あ、書き忘れていたので追記。(22日19時)
キャラクターのやりとりは結構好きです。
会話のテンポだったり、含みのある言い回しだとか。
ま、そういうとことが年齢不相応な印象にもつながるのですけれど。
そういえば、プレイ途中でこういう感想書くのって、ウチのブログでは珍しいですね。

Category: PCゲーム感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

そろそろ

 【17//2012】

昨年のエロゲまとめされる方が増えてきましたねー
自分は今やっているのが終わったらやろうかなと思っているのですが、
そうなると2月になってからですねー
まぁ、あんまりやる必要もない気がしますが、、、
自分の好きな作品を挙げるだけですからねぇ、
ひとりでやってもねぇってなわけで。
そのうちノリでやるかもしれませんが。


んで、とりあえず全統美少女ゲームアワードの紹介でも

■はじめに
 萌えゲーアワードというものがあります。
 ソフ倫加盟メーカーの有志による「萌えゲーアワード実行委員会」によって運営されているもので、文字通り萌えゲーの中でその年の優秀作品を選出する、といったものです。各エロゲーに応募用紙が入っており、それによって3作品が選出、実行委員会がその中から選定します。
 しかしこれには色々と欠陥があり、全てのエロゲーブランドが加盟している訳ではないというのが一番の欠陥と言えるでしょう。大人の事情によって全てのエロゲーに機会が与えられていないにもかかわらず「萌えゲー(旧称美少女ゲーム)」を冠して大賞を決めるのはちょっと納得がいきません。『ソフ倫アワード』って名称なら納得ですけどね。ユーザー的にはソフ倫でもメディ倫でも同じエロゲーであり萌えゲーであり美少女ゲームであるわけです。
 それで、思ったわけです。メーカーが主催すると大人の事情で全統が出来ないのなら、ユーザー側が勝手にやればいいんじゃない、と。故に試験的にやってみようと思って企画してみました。


■投票について
エントリー作品:2011年発売の全タイトル。
投票資格:なし(1人各部門1票、1作品3部門までエントリー可)
投票期間:2012年1月1日~1月31日

 各部門1作品、作品名などをお書きください。上記SQLよりコピペするのが楽かと思います。
 その賞にエントリーした理由などをお書きいただける方は、作品名の下にお書きください。
 全ての賞を埋める必要はありません。
 1作品4部門以上の投票は無効票となります。


サイトから理念?と投票要綱を適当にコピペ。
稀神大社さんというサイトを運営されているまれびとさんが企画されている投票です。
ニコ生やtwitterで知っていらっしゃる方もいるかもですね。
以前,レビュアーランキングに投票させていただいたことがありますが、
今回は投票資格なしと、ハードルが下がっているので、投票されてみてはいかがでしょうか。

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2011年発売のコンプ済み作品メモ

 【16//2012】

昨年発売のコンプ済み作品メモ
・グリザイアの果実
・蒼穹のソレイユ ~FULLMETAL EYES~
・猫撫ディストーション
・Flyable CandyHeart
・穢翼のユースティア
・CAFE SOURIRE
・お姉ちゃんエロエロ注意報 ~愛液の大洪水~
・手毬花
・えむっ娘シスターズ
・恋ではなく -It's not love, but so where near.
・すきま桜とうその都会
・天使の羽根を踏まないでっ
・いきなりあなたに恋してる
・カミカゼ☆エクスプローラー!
・もっと、姉ちゃんとしようよっ! アフターストーリー
・人妻が若い獣欲に堕とされる刻
・他の男の精液で孕んでもいいですか…?5 ~双子の兄に媚肉開発されていた可憐彼女~
・対魔忍ユキカゼ
・恋愛0キロメートル
・ワルキューレロマンツェ ~少女騎士物語~
・WHITE ALBUM2-closing chapter-
・晴れときどきお天気雨


計22本?意外にやってる、、、
短いものが多いとか、抜きゲーでもエロシーンスキップしている
だとかを差し引いても思っていた以上にやっていたなという印象。
というかやり過ぎている。
ちなみに今は、七つのふしぎの終わるときをプレイ中。
いろとりどりのセカイはメイド個別に入ったところで止まってる、たぶんこのままな気がする。
Rewriteも長そうだから積み、プラス版でるだろうし、そこでやり直す気はしないから。
your diaryは体験版の範囲というかプロローグで苦手!ってなったから封印かな、、、まぁ、音楽目当てだったし
定期的に抜きゲーが欲しくなるのだけれど、買ったら買ったで後悔するのなんだろうね。
悔しいからCGは埋めるんだけど、正直時間の無駄、、、


やっぱりペース的には3週間に1本終わらせるくらいが限界らしい。
月2本買うのが目安ってことか。それはそれで寂しいような、な?

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

返信しました。

 【11//2012】

WA2の感想記事に対する返信をしました。
書いている途中でキーボード操作をミスって消えたときは
ショックでしたよ、、、、、

コメント返しのくせに2000字くらいあるらしいので、
感想の追記と思っていただいてもいいと思います。
というか、コメントを利用させていただきました。
以前に感想記事を読んでいただいた方にも読んでいただければと思います、はい。

やっぱりコメントをいただけると自分の中でも再整理できるので
嬉しい?おいしい?ですね、コメント

ではでは。

Category: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

修論終わらねぇっす

 【10//2012】

今日提出のやつが終わってない、、、やる気でない。
コメント返し、しばしお待ちを。

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

『WHITE ALBUM 2』感想(になっていない気もする)

 【08//2012】

終わってから嵌りっぱなしのpomです。
予告していましたとおり、『WHITE ALBUM2』の感想を書きたいと思います。
ここ数日、インタビュー記事の載ったバックナンバーを漁ったり、
ひたすら「POWDER SNOW」を聴いたり、見境がない感じです。
ほんとまずい。
いつまでひきずられるのでしょうか。
そんなに長いこと引きずられないといいなぁ。
前編が発売されてから後編まで、長いこと待たされたわけですが、
待たされた分だけの価値はあるなと思います。
よかった、ほんとよかった。
2011年はこの作品が出てくれたおかげで救われました(エロゲライフ的に)。


まぁ、こんなん長く書いていても仕方がないですから、
さっさと感想に入りましょう。
そうだ、本編「introductory chapter」「closing chapter」
    小説「雪が解け、そして雪が降るまで」「Twinkle Snow~夢想~」「歌を忘れた偶像」
    ドラマCD「祭りの前~ふたりの24時間~」「祭りの日~舞台の下の物語~」「一泊二日の凱旋」
を読んだ上で、小木曽雪菜 が好きです。



それでは、以下感想です。
ネタばれです。
というか、物語のことにほとんど触れてないです。
雪菜が好きってことしか書いてないです(笑
コメント返しのほうに、感想の追記のようなコメント返しを書きました。
だいたい2000字くらいあるみたいです。(1月11日追記)





読み終わってまず思ったこと、
まいった、本当にまいったなぁ ってことだけでした。
雪菜には敵わないなぁってことだけでした。

どうしてなんでしょうね、かずさシナリオを読んでいたのに、
なぜか、かずさでもなく、主人公の春希でもなく、
雪菜で満たされてました。

私は、icの頃から雪菜派でした。
何でかって、春希にとっての一番はかずさなんだってことが
私の中で確定事項だったから。
春希の中からかずさが消えることはないのだろうなって思ったからです。
私の中では、かずさエンディングしか思い浮かばなかったんです。
だから、そのときに彼女(雪菜)が何を失って、何を得たのかを見たいと思いました。
雪菜とかずさ、どちらが主役の物語が読みたいかと訊かれたら、
間違いなく雪菜と答える、だから私は雪菜派でした。

だからなのでしょうか。
今日も懲りずにWA2ccを起動して読み直したのは、かずさエンディングの終盤でした。
懲りずにかずさエンディング1とかずさエンディング2を読み直して「かずさぁあっー」ってなってました。
けれど、結局「雪菜ぁ」ってなってました。

かずさエンディング2が終わったと思った時、
なんでエンディングで「POWDER SNOW」が流れないんだ、
何でちゃんと雪菜に「POWDER SNOW」を歌わせなかったんだ、
CD出すときには絶対に入れてくれよ、Leafさん
って思っていたんです。
だから、エピローグは不意打ちでした。
だって、あれだけ傷つけられて、誰もが諦めているのに、
「I still love you」だなんて。

敵わないなって思ったんです。


WA2をやり始めて気になったことがありました。
春希の部屋に背景に隠されもせず、ギターケースが置かれていたんです。
そのときに思ったんです。
あぁ、こいつはまだ忘れられないんだなって。
遠くへ行ってしまった彼女のこととか、3人だったあの頃のことだとか。
千晶シナリオで、写真を見つけるシーンがありますが、
それよりもよっぽど象徴的だったのだと、
振り返ってみると感じます。

かずさエンディング2において彼は、
3人になる前に2人を繋いだ、3人が2人になった後に2人を繋いだ
ギターを永遠に眠らせる決意をしました。
それが彼らを象徴するものであり、彼女に捧げたものだから、
彼女を選ばなかった彼は永遠に眠らせるつもりでした。
けれど、彼女はそれを認めなかった。
彼女が手にしたそれが、彼のそれだったかはわかりません。
けれど、彼女はそれを手にして歌を歌いました。
あの頃を忘れられずに一度は失った彼女の歌を。
今度は彼の手を取らずに。
忘れてなんかやるものか、なかったことになんかしてやるものかと。

彼女の時間だけが留まっているのではないか、
そんな薄ら寒さを感じもしますが、
それが彼女の強さなのだと思います。

元気ですか?
わたしは、今でも歌っています。

まいりました。
ほんとまいりました。
ここまで雪菜が強くなるとは想像していなかったのですから。
物語が『POWDER SNOW』で締めくくられること、
彼女が歌っていることの意味には、それぞれの解釈があると思いますが、
私は、彼女が二人の幸せを心から願っていると思いたいです。
壊れきることのできなかった彼女だからこそ、
手放すことができなかったのだと、
大切な二人を浮き草にすることなんてできなかったのだと、
彼女の歌が今でも彼らを繋いでいるのだと信じたいと思いました。
その名に雪を持つ彼女は、その象徴なのだとも思うのです。
どんなことがあったとしても覆い尽くす、
真っ白な雪のような存在なのだと思ったのです。


私にとって、「closing chapter」は春希の物語である以上に、
かずさの物語である以上に、雪菜の物語でした。
小春や麻理、千晶シナリオをやっているときも、振り回されっぱなしでした。
彼女の涙に痛みを感じた時も、彼女の憤りに嫌悪を感じた時も、
雪菜は雪菜であり続けたように思います。
だって、他の作品で考えられないほど出張ってくるのですから。
裏切りがテーマだから、WHITE ALBUMだから、そうかもしれません。
けれど徹底していることは確かだと思うのです。
かずさエンディングをみているはずなのに、
なぜかラストCGは雪菜ばかりなんですよ?

かずさ派からのウケがよくないことわかっていて、
そういう物語にしていますよね。
ほんと悪質、鬼だと思います。
そこで、完全なハッピーエンドにしなかったことがよかったのですけれど。
どのエンディングでも春希を捨てられないところとか、
周囲の世界を壊さずに幸せになれないところとか、
かずさに対しても徹底しているなと思いました。
(そこらへんの予感にしても上手く冬馬曜子を上手く使ってたかなとも)
雪菜派だって言っておきながら、
かずさシナリオばかり見返しているのはだからなんですよね。
かずさのことも好きだから。
春希がいないと絶対に幸せになれないから。
雪菜よりもかずさのほうが絶対に弱いから、贔屓してしまうのですよね。

春希でないけれど、かずさエンディング1&2をみてかずさのことを想いながら
かずさエンディング2の雪菜に癒されるぐちゃぐちゃした気持ちでぐるぐるしてます(苦笑


ここまで新ヒロインに触れていないですけれど、
皆よかったですね。
いやぁ、小春と麻理にはほんと癒されました。
雪菜の重さに対する裏返しかもしれないけれど、
清涼剤というか、おかげで続けることができました。
新ヒロイン3人の分だけでも良作に近いと思います。
千晶シナリオ終盤の胸に手を当てて叫ぶシーンなんかは、盛り上がりましたよ!
いっぱいいっぱいに頑張る小春がいい。
仕事はできるのに、甘やかしすぎるダメ年増の麻理さんがいい。
自滅するのがかわっていて、自分を制御できない千晶がいい。
正直なところ、codaに引っ張られ過ぎてしまって、
すでに記憶があやふやになったりしてますが、新ヒロインも魅力的だったと思います。

そしてヒロイン以外のサブキャラクターもよかったです。
編集部の掛け合いとか、小木曽家の温かさとか、冬馬曜子の後悔だとか
やっぱり丸戸さんはキャラクターをつくるのが上手いです。

そして何より、音楽よかったです。
BGMもヴォーカル曲も。
一番好きなのは、「POWDER SNOW(弾き語り)」
それと「心はいつもあなたのそばに」
「届かない恋」ははずせないです。
「幸せな記憶」のフル、早く聴きたいです。
etc.etc.早くCD化して欲しいです。


ほんと楽しませて貰いました(ってます)、WHITE ALBUM2。

思えば、icの時点でもう丸戸さんに負けていたのですよね。
あのライブ、あの時に興奮を共有したときに。
良くも悪くも、あのライブがこの作品のひとつの頂点なのだと思います。
あの瞬間を忘れられなかった、忘れたくなかったからこそのその後だと思います。
それは、ステージに立った3人とは違うものだろうけれど、
物語の登場人物とあの興奮を共有してしまったときに、負けていたのだと思います。

WHITE ALBUMの頃からなのかわかりませんが、
この作品は積み重ねをとても意識しているように感じました。
それは齢という意味でもあれば、喜びや痛み、経験、記憶という意味でもあって、
よくここまで描いてくれた、というのが素直な気持ちです。
物語の時系列で不連続であっても、
エンディング1で壊れていく春希に絶えられなかったかずさが、
エンディング2の飛行機の中で彼の傷を癒そうとする
に至る流れもきれいでよかった。

あぁ、もうとにかく今は好きです。
自分でもよくわからない感じになってます。
これ以上は際限なく続きそうなのでやめにします。

とりあえず今言えることは、
もう、諦めの悪さというか、執念深さというか
彼女風にいうと、あのウザくて、重くて、キモい感じは、
雪菜以外の何者でもないですね(笑
彼女の怠慢だとか、傲慢だとか、そういうものも含めて
WHITE ALBUM2で一人選べと言われれば、迷わず雪菜を選びます。

彼らの三角関係って共犯関係に似ていたと思うのです。
互いの弱さを隠し合うっていう。
結局3人を壊してしまったのは、かずさの弱さでもあるし、
雪菜の強さでもあると思うのですよね。
そんなふたりの弱さと強さが大好きです。
最悪に男の趣味が悪いところも。
そんな最低な男も。





最後にちょっと不満でも。
出来がよすぎるから気になるとか、物語を長くした分気になるとか
そういう期待から来る不満なのですが、絵が足りない!!
文章に追いついていない印象を度々受けました。
キャラクターの表情が追いついていないというか。
汎用性を持たせなきゃならない立ち絵では限界があって、
イベントCGを増やして欲しいとも思うのですが、そうすると別のヒロインの枚数が減るわけで、、、
中心二人に集中して欲しいとも思うのですが、
今の5人ヒロインというのが、バランス的に結構いい気もしていて(だって話が重いのだもの
で、
だからアニメがみたい!
ほんとやってくれないかなぁ、あーあ。


それと一点気になっているのですが、
かずさシナリオ1、雪原に佇むかずさの演出というか画づらというかが気になってます。
自分の中のかずさスキーの部分が、どうしてこうなった!と主張しているんです。
なんというか中途半端な印象で。
二人の心の距離を示したいのか、物理的距離を示したいのか、
誰の心情を描きたいのか。
あの一瞬、春希がかずさをみつけた瞬間が致命的に二人が別ったわけで、
その後の別れのシーンと同等かそれ以上に瞬間的な濃さがあるのかなぁと。
世界でただ一人、迷子になった彼がたったひとつの光を見つけた瞬間にしてはぼやけてみえるし、
世界から孤立した彼女が唯一の光を手放す決心をした瞬間にしては、残酷さを世界から感じないような、
自身の幸福以上の光もそれが失われる危うさも感じないような気がしてしまって。
いやまぁ、イタイこと言っている自覚はあるのですが、この瞬間が見たいのです。
なぜか、このときのかずさが一番きれいなんじゃないかっていう妄想に囚われてしまって。
ほんと、どうしようもないんですけどね、あはは。

あ、ちなみに、自分はヨーロッパに旅立つ前に
「親孝行、してくる。これからは、雪菜みたいないい奴になるんだ、あたし」
と子供っぽく自慢げに、誇らしげに語っているかずさの立ち絵が好きです。
このシーンはすごくいいと思います。
立ち絵でここまでぴたりとはまるものなのかと思わずセーブしてしまいました。
言葉の内にある本当とその裏にあるものとが混ざりあっているように思えてすんばらしいです。
何書いているか自分でもよくわからないですけれど。
たぶんWA2に当てられているんです、大目に見てやって下さい。
だって、久々に本当に面白かったのですから。
待った甲斐がありました。


それでは、ではでは。

Category: PCゲーム感想

Comments (8) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

イカレちまったぜ!!

 【06//2012】

インタビュー記事を読むためにバックナンバーのメガストア1月号を買いました。
特典ROMに入っている壁紙欲しさにバックナンバーのテックジャイアン1月号買いました。
研究室で使っているPCの壁紙を変えました。
POWDER SNOWをずっとリピートで聴いてます。
サントラが出るまで我慢できないので、
個人のPCを研究室に持ち込んで音楽モード起動しています。

AQUAPLUSメンバー新規申し込みしました。
夢の中で会員証が出てきました。
翌日に届く夢を見るとか、どんだけ楽しみにしてんだ。
舞い上がっているんだ、俺。


ちなみに,この記事は研究室で書いています。
で、件の感想ですが、書くことにしました。
ドラマCD3枚と小説3冊、それに本編2編、読み終わったので。
というか、我慢できそうにないので。
これからまた書くかもしれないので、所感程度の短いものを。
まぁ、家に帰ってからになるので、日は跨ぐと思いますが。
そんな連絡事項です。

ではでは。
そういえば、年明けからアクセス数が多いのは冬休み効果?コミケ効果?それともWA2効果?

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

終わりましたー

 【04//2012】

『WHITE ALBUM2』コンプしましたー
いやぁ、ただただすごかった。
うん、ほんと。
やー、去年のエロゲ生活はこれが出てくれたおかげで満足です。

感想は書けたら書くかもです。
書くことがないかも。

あと、コミケ購入物晒しでも後でしましょうか、しませんか、どうですか。

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

雑記

 【03//2012】

はい、新年2回目の更新です。
ウチにしてはハイペース?
まぁ、書くことないので現実逃避なんですけどね(苦笑

ところで、『素晴らしき日々』感想に追記しました。
twitterのほうではつぶやいていたような気もするのですが、
感想のほうには書いていなかったので。
批評空間のほうに書くの忘れてましたね、これ書いてて今思い出した(笑
あ、感想記事の下のほうに追加してますので。

WA2はかずさエンド1週目終わりました。たぶん2週目かハッピーエンドがあるはず、、、
ドラマCDは全部聴いているはずなので、あとは特典小説とicの追加シナリオ分なのかな?
まぁ、ともかく、丸戸史上最高、なんじゃないですかね?

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

初夢は・・・

 【02//2012】

初夢はWA2でした。
というか、夢を見たのでしょうか?
なにせWA2ccをずっとやりながら、寝落ちしてみた夢ですから。
細かい内容は全く覚えていませんし、
夢と言っても夢うつつ、朦朧とした状態で、、、

で、たぶんですが、雪菜シナリオ終わりました。
あとはかずさシナリオだけなのかな?
色々と追加されるようなので、あとどれくらいあるのやら。
今言えることは、ただただすごいとしか。
たぶん、おそらく、きっとですが、2011年一番のエロゲは、『WHITE ALBUM2』です。


新年早々こんな内容で始まる本blogですが、
まぁ、いつものことですね。
今年も宜しくお願いします。
目指すは修了までに9万Hitです。

Category: 日記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

プロファイル

pom

Author:pom
東京在住のエロゲーマー
 現在エロゲ歴8年
LSFC、LWFC、ABFCに入会中
最近はついったーのほうが利用頻度が高め。


漆黒のシャルノスオフィシャルサポーターサイトに参加中です!

pomの現状、あるいは惨状

pomの今やってるゲームpomの最近やったゲーム

FC2カウンター

メーカーさんへのリンク

・暁WORKS ・Innocent Grey Innocent Grey
・etude etude
・Nitro+ Nitroバナー
・WHITESOFT
・Liarsoft Liar-soft
・Littlewitch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。