2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』感想

 【30//2013】

色々と書こうと思ったのですが、
グダグダ書き過ぎて自分が感じた一番大事なところから逸れていくのを感じたので、
端的に書こうと思います。

ほむらのエゴがみれたこと、それがとても好ましかった。
端折り過ぎている気もしますが、
たぶん自分が面白かったと感じた核はそういうことなのではないかなと。
所感としては、やっぱり鹿目まどかは暁美ほむらを救ったりはしなかったね、てな感じでした。※0


また天邪鬼なことを言ってと言われてしまうかもしれませんが、
TV版までのまどかマギカってあまり好きではないのです。
なぜなのかと考えてみたとき、すごく好きと言えるキャラクターが自分の場合、
まどマギにはいないことがあるのかなと思いました。※1
そして特に、鹿目まどかが好きでないことが大きいのかなと。

とか書くと怒られてしまいそうなのですが、好きではないのです。
最近で言うと、『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』の
刹那・F・セイエイが同じ理由で好きでははありません。
彼らは理想の高さと意思の強さ、ある種の鈍感さ、何よりもその正しさで以て凡人を容易く置いていきます。
容易くというのとは違うのかもしれません、ただそう表現したくなるような差が両者にはあるように思うのです。
まどかとほむら、刹那とフェルトとの間には。
私にはそれが許せない、許したくないと思っているのです。
彼女や彼の正しさを認める一方で、人から離れた存在になることを好ましく思っていないのです。※2
けれども、正しさを認めているから完全には否定できない、そんなジレンマもあります。

それはほむらにしても、フェルトにしてもそうなのかもしれません。

魔女探しの終盤、白い花の丘で孤独になる怖さを伝えるまどかに、
ほむらは「“やっぱり”私は間違っていた。」と吐露しています。
ほむらは、やっぱりまどかの決断を善しとしていなかったのだなと改めて確認できて、
感慨深さのようなものがありました。
あの場面でほむらの決心をみることができましたが、まさか最後にあんなことになるとは、、、
キュウベイたちの作った仕掛けを二人で壊す前のシーンで、
「どんな姿になっても」というほむらの台詞、まさか悪魔化だとは思っていませんでした。※3
それまでの尺に対して簡単(短く)に為し得たことに不満を感じた人もいるかもしれませんが、
容易くやってのけたからこそ予想だにしませんでした。(ほむら的には大変だったのでしょうが)
そういう以外性という面でも面白さはありましたね。

しかしながら、
[新編]叛逆の物語が、物語として何か新しいことをしたのかというとそれは違うのかなとも思っています。
自分の愛を履行するために相手を巻き込む、エゴによって愛す
というのは規模は違いますが、当たり前のことですし、虚淵作品でもやってきたことですから。※4
吸血鬼然り、アンドロイド然り、地球外生命体然り、、、
貴方を愛するが故に敵になりますというのもまぁ色々作品を探すとありますしね。

それでも、劇場版製作発表から随分待たされたようにも思いますし、
前後編が事実上の総集編で肩すかしを食らった分、
やっとほむらの続きの物語が観れたという思いがあるから楽しめたのかなと。
あとは、早く続きが観たいと急いていたせいで半分くらいの時間を楽しめなかった、
つまらないと感じていたところからの反動があったのかもしれません。※5
あとはキャラクターデザインが蒼樹うめさんであることや、女子同士の友情もの?※6の分、
今までの虚淵作品と似た傾向の部分があっても新しく見えたとこはあったかと。

少し話が逸れてしまいましたので、話を戻しましょう。
劇場版であっても、魔女になりかけていても、ただひたすらにまどかを救うことだけのために
ほむらが動き続けたこと、まどかを想い続けたことがただ自分には好ましかったのです。
何せ、鬼哭街の彼女が好きな人間ですから(笑)


ただ気になるのは、最後にほむらが救おうとしたまどかは本当に鹿目まどかなのかということです。
魔女結界にいたまどかをほむらは偽物ではなく、本物のまどかだと言っていますが、
自分はキュウベイがそう答えるまでほむらの願望が作り出した存在である可能性を疑っていました。
今でも疑っているかもしれません。
記憶の封印がほむらの願いの範囲で行われているのであれば、願いに反する部分が封印されていたのではないか
一部を切り取った(封印しなかった)としてそれは確かに真実ではあるが、
切り取られなかった部分を足したら別の真実になることはないのか。(真実の一部でしかない)

物語最終盤、ほむらは神まどかの一部を奪い、分離します。
それは本当にまどかなのでしょうか、その部分だけでまどかは成り立っているのでしょうか。
本当の私とは何なのか、人は他人のこと一面でしか知らない、あるいは見ようとしかしない
というのは虚淵玄の過去作で描かれたことです。
そして、ほむら自身、神まどかを善しとはし切れないものの、肯定する部分があったと思うのです。
神まどかになることを止めきれなかったのもそうではないかと。

まどかを救おうとほむらが繰り返した時間の中で、
どの繰り返しにおいてもまどかは彼女の願う魔法少女となり、結果として散ったはずです。
そうなること、鹿目まどかには決定づけられているかのように。
ほむらはそうさせないために、まどかを魔法少女にさせないという手段に出ましたが、
結果はまどかの神化であり、まどかが犠牲になることを防げませんでした。
鹿目まどかの性質とはそういうものなのだと思います。
まどかが、魔法少女になること、その後に神となることは必然のように思います。
何度でも魔法少女になることを選んだように、何度でも神になることを選ぶのでないでしょうか。
そして、そんなまどかだからこそ、ほむらはああまでまどかを救おうとするのだと思います。

神まどかに戻りかけたまどかを見てしまったほむらは訊ねました。
あそこで訊ねてしまうほむらは、あの後まどかが何を選ぶかわかっているのだろうと思うのです。
りぼんを渡したのですから。
ほむらは最後、「敵になるかもね」と言っています。
思い通りにできるのなら、敵になどならなければ、ならないようにするればいいのです。
それでも敵になるのは、悪魔であることがほむらのまどかへの想いの証明だからではないでしょうか。
暁美ほむらは明らかにまどかの神としての一面も想っていると思うのです。
まどかがまどかである以上、ほむらもほむらであり続けるのでしょう。
こうなればもう意地の張り合いです。
ほむらとまどかのパワーゲームは折れたほうが負けます、
一度折れたほむらはそれがわかっているからもう折れないでしょう。

魔法少女であるまどかが、魔法少女であるほむらを生み、
魔法少女であるほむらが、神であるまどかを生み、
神であるまどかが悪魔であるほむらを生んだ。
彼女たちはこのあとどれだけの業を重ねるのでしょうか。
あぁ私はそれが楽しみで仕方がありません。※8
彼女たちの業に巻き込まれる周囲はたまったものではないでしょうが(笑


以上、エロゲーマーの感想でした。※7




※0 TV最終話の感想が呪いじみてるなぁでしたからね
※1 ヒロインたちが少女だからというのはあるかも。
   ヒロインを少女にすることで背負うものの重さとか境遇の悲惨さを強調していて、そこが好きじゃない。
   逆にそれでも立ち向かうところがいいというのもわかるのですが。
※2 自分の場合ただの嫉妬じゃね?って言う気もしますが
※3 うわ、悪魔化とか厨二病wwwてな感じで嘲り?での笑いが自分には含まれていたりもしますが
   変身シーンとか、神まどかの降臨シーンとか自分には笑いどころでした。
※4 TV版から新編へのほむらの変化って今アニメやってる某三角関係エロゲのヒロインシナリオの変化と似てますね。
※5 劇場版ということで変身シーンや戦闘シーン、ナイトメア等々ビジュアル面でかなり気合入っているのですが、
   とにかく続きを観たいと思っていた自分には1度目の鑑賞時にはそこまで楽しめませんでした。
   2度目の鑑賞時には展開がわかっていた分、落ち着いて楽しめましたね、逆にストーリーの以外性と言う点では、
   当然1度目のようなものは全くなかったですが。次は魔法少女オールスターズなのかな(笑
※6 百合というのには少し抵抗がありますかね?
※7 映画を観た後に思い浮かんだエロゲ、虚淵作品以外だと、天使の羽根を踏まないでっ
   なんかがあります、宣伝。何の?
※8 円環の理に他の魔女もあることがわかっているので、ほむらが回収されて、
   あるいは別の定義の円環をつくって終わる気もしますが。
   それと、どちらかというとほむらの本当の願いってのを知りたいほうが強いですかね。
   あの願いって状況から出ただけで、始まりの願いとは違う気がしているので。
   ほら、ほむらってバカだし、、、
スポンサーサイト

Category: ↑以外の感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

『プシュケの涙』感想もどき(途中から話が逸れたから)

 【27//2009】

読み終わった『プシュケの涙』というライトノベルの感想を書こうと思った。
でも、途中でなんか嫌になった。
けど、いちお書いた。
上手く表現できないから
とにかく買えばいいと思うよ。
いちお感想はおいておこうかと思ったけれど、後で消すかもしれない。
とにかく買えばいいと思う。
プシュケの涙 (電撃文庫)プシュケの涙 (電撃文庫)
(2009/01/07)
柴村 仁

商品詳細を見る




関係ないけど「PSYCHE」は買って積んだままだったな、、、

◆  続きを読む  ◆

Category: ↑以外の感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん6 嘘の価値は真実』感想っぽいの?

 【10//2008】

わたしを月へ連れてって






「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」入間人間さん、左さんサイン会の整理券をゲットしてきました(先週の土曜のことですけど
やとこさ昨日読み終わったのいつもながらに簡単な感想を と思ったのですが特にない。
あらら?
でもおもしろかったですよ。
6巻は読者が知る範囲でのこの作品の振り返り と言ってもエピローグと???(いやこっちもメインですけどね)

誘拐された二人とか
殺人未遂と過失致死の姉妹とか
優しい優しい某先生とか
迷門剣道部の脇キャラとか
柑橘系はほのかに
リカちゃんは合い変わらず偏屈で
ジェロさんは出番があまりない感じです。

これがエピローグ部分。

みーくんとまーちゃんは
のーみつな経験は二人の絆をより強くするのですよ、にゅふふな感じです。
たぶんこれで間違ってない?


まぁ、とりあえず言えることは恋日先生がかぁいいです。
雑誌掲載のものを読んでそれまでより好きになったけれど、今回はより好きになりました。
優しいねぇ、ほんとこの先生は。
出番少ないと言いましたが、久々にまともな登場をされましたよ>ジェロニモさん
帰ってきたジェロニモさん、なによりうれしい。
相変わらず尻に敷いているんだか手綱を引いているんだかよくわからない兄妹もよい感じです。
これ書いていてMが実はSだとかいう話を思い出す自分はダメだね、うん。
殺人犯の子はどうでもよくないですけどどうでもよいです。



で、6巻は一言でまとめると生きているていう巻です。
墓場のような過去の遺物もどきから復活したリカちゃんもこう言っていることですし。

桃花。雨は窓から見上げるものではなく、
空の下で感じるものなのよ。
(p.193.)
↑反転

この文章の意味よりも、この文章が外のシーンで書かれていることが重要かと思います。
偽みーさんと女みーさんの決定的な違いだったところですし。
正確に言うとこの巻は僕達は生きているという巻だと思います。
ある意味えせくんがみーくんとしてだけれども生きていることの証みたいなのがこの巻かなぁと。
だから今回の巻はみーくんとまーちゃんに関る事件よりも脇役の物語のほうが重要かなと思います。
(いえ、当然終盤の部分は大切ですよ)

あと演劇部の名脇役な主役君はやっぱり主役だと思います。

だってこれ、現実なんだぜ。(p.132.)
↑反転

最高に皮肉なことばですね。
この台詞でこの冴えない演劇部員君が好きになりましたし、この作品が好きだなぁって改めて思いました。


ここらで一昨日に「遥かに、仰ぎ、麗しの」を再インストールした理由を。
殿子シナリオエピローグの「私を月へ連れてって」を見るためでした。
なぜかっていうと自分としては「Fly Me to the Moon」が「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のイメージに合うかなと思っているからです。
とある一文を見て健速さんの訳を思い出して再インストールした次第です。

友人とみーまーのアニメやるかねーなんて話をしていたのですが、やるとしたらみーくん音声なし、絵なしが良いと言ったら賛同してもらえませんでしたよ。
自分としてはみーくんが声出していいのは3巻の1シーンとうなり声、最終回?くらいじゃないかと思うのですが。
みーまーはビジュアルが極端に少なくて音のない小説という媒体だから良かったと思ってます、自分は。
好き勝手に話を進めると「Fly Me to the Moon」はイメージに合うって書きましたが、声優さんには歌ってほしくないですね。
それとDarlingもしくはBabyのところは抜きで。
歌唱力とかじゃなくて人物を絞ってほしくないので。
まぁ終わった後の展開ならいいんですけど。
アニメ化はないと思うので妄想話はこのへんにします。


「遥かに、仰ぎ、麗しの」に出てくる訳の一部と「Fly Me to the Moon」の歌詞より

In other words, please be true
言い方を変えましょうか、どうかそれが真実でありますように
In other words,
それともこう言いましょうか―――
I love you
―――貴方を愛しています

この文章を連想した1文はp.224より

それを嘘にしたがっていること。
↑反転
でした。

In other words, hold my hand

In other words (darling) kiss me.

実はアポロ11号は月に行ってませんでした、なんてことになったら自分的にはおつじゃないですかなぁと思います。

Fill my heart with song

Let me sing for ever more

You are all I long for

All I worship and adore


まだまだ続くよ?↓

◆  続きを読む  ◆

Category: ↑以外の感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん5 欲望の主柱は絆』感想

 【19//2008】

時間がないのでmixiに載せたものを転載。
寝落ちしていたら課題やる時間が減ったというだけです、はい、、、
てか、俺、レポート書くのに必要な値をメモってないじゃんorz



あ、日曜更新のはずが、月曜更新になってる・・・・・焦って更新した意味ないじゃん。







◆  続きを読む  ◆

Category: ↑以外の感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

劇場版 『空の境界』 第二章 殺人考察(前)感想

 【15//2008】

昨日は友人と空の境界の二章を観にいってきましたよ。
ということで殺人考察(前)の感想です。
入り具合も落ち着いてきたのか今日は立見席券は行ったときに売ってました>前回はそれすらなかった


感想ですが、なかなかおもしろかったと思います。
一章のほうがおもしろかったですが、それはまぁ構成上仕方がないでしょう。
三章が楽しみです、こんなにアニメが楽しみなのいつ以来かな。
昨日も楽しみで、楽しみで。
自分のように原作を読み終えていない方で観るという方がいらしたら読み切ったほうがよいかもですね、少しですが、視覚的なネタばれ要素を含むので、自分は気にならないレベルでしたが。
それにしても文章と映像では印象が変わりますね。
つくる人にもよるのでしょうが、映像のほうが表情が出ますね。
情報量が多いのであたり前といえば当たり前ですし、良し悪しともにありますが、映画版と割り切って観ると新鮮です。
自分は映画に合わせて原作を読み始めましたが、こういう楽しみは心地よいです、早く文庫版の下巻出ないかなぁ。

※読み終えてないのにネタばれうんぬんと書いているのは友人が型月好きだから、ちなみに今回の章の部分は自分も読み終えてます。

でも7章構成ということで連続アニメ的なつくりになっていて残念なところもありましたね。
前述の視覚的ネタばれとか。
あと自分が最後まで読んでいないせいで少し残念に感じたのが最後の某男の台詞。
つなぎの新キャラ予告としてみればいいのかもしれないけれど、続きがどうなるかわからないドキドキを味わおうと思うと無粋かなと思います。
全部知ってれば「おおっー」ってなるんですけどね。
ここらへんの構成は一章のほうが上手かったと思います。

自分は作品全部を読み終えてないからわからないけれどED曲は合ってたのかな?
全部終わったあとなら合っていそうですが、「殺人考察(前)」のみに限定した場合は少し違和感を感じます。
NOIRの曲は好きだけれども、やっぱり梶浦さんの曲はたまに苦手ですね、一章はかなり印象的なところで流れるBGM苦手だったし。
映像に関しては問題なし、後半の竹やぶで逃げ回るシーンとかの大袈裟ぐらいの演出もよかったと思います。
それと気になったのがコクトーの鼻歌が妙に響いていたのだがあれは演出?
余談ですが、舞台地に自分の知ってるところがあっておもしろかったです。
一章にも知っている場所らしきところが出ていたし、映画版の舞台地は詳しい人なほとんど特定できそうですね。
(おそらく某路線の沿線または隣接する区ですね)
これも聖地巡礼に入るんですかねぇ、今日も普通に利用してきたところが舞台に使われてました。

気になったことを一つ、式が幹也を避けようと放課後の校舎で話をして別れる際に革ジャンを椅子に掛け忘れていきますが、バックからの引いた映像で椅子に革ジャン掛かっていただろうか?、たぶん見間違いだろうけど。

◆  続きを読む  ◆

Category: ↑以外の感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

プロファイル

pom

Author:pom
東京在住のエロゲーマー
 現在エロゲ歴8年
LSFC、LWFC、ABFCに入会中
最近はついったーのほうが利用頻度が高め。


漆黒のシャルノスオフィシャルサポーターサイトに参加中です!

pomの現状、あるいは惨状

pomの今やってるゲームpomの最近やったゲーム

FC2カウンター

メーカーさんへのリンク

・暁WORKS ・Innocent Grey Innocent Grey
・etude etude
・Nitro+ Nitroバナー
・WHITESOFT
・Liarsoft Liar-soft
・Littlewitch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。